続・U設計室web diary

uoch.exblog.jp
ブログトップ
2009年 11月 09日

句会

会場となった横浜開港記念館(重要文化財)
ここの会議室が句会の会場
c0016913_20195494.jpg



昨日は家づくりの会の句会。
俳句の先生(僕の元建て主さん)をお招きして
総勢7名の句会です。
事前に「屋根」「釘」という題が出されていて
それぞれ五句持ちより投句・選句・講評と初めての本格的?な句会参加でした。

句会というのは初めてでしたが
新鮮な体験ができてとても楽しかったです
特に講評の時間が面白かった。
その句を選んだ人が読み込んだその句の背景と、
作者の意図が大きく違ったり
予想していた人ではなく
思っても見なかった人が作者として名乗りを上げたりと、
何だかとても面白い時間を過ごせました。






例えば
「屋根に問ふ誰に会いたい十三夜」の句には

「おそらく、作者は現在恋愛中なのではないか。
屋根というものに託して自分の気持ちを読んだものだと思う。」という解釈の後
作者が名乗り出て

「この句は十三夜の夜、散歩していると住み手の居ない今にも壊されそうな廃屋がある。
その廃屋(屋根はその象徴)は壊される時に最後に一体誰に会いたいのだろうかという
家の気持ちを読んだもの」とのこと。

いろいろな解釈が出来て俳句の奥行きも増すもの。
現在恋愛中といわれたこのまぎわらしい句を詠んだのは、
じつは私なのでした!
(浮気なんか勿論していませんよ!!)

僕の句で他に点数が入ったのは
四点句
「雁渡る空にしるしの釘打ちて」
二点句
「鰯雲猫族屋根に集合す」

俳句ってやはり面白い!!
[PR]

by u-och | 2009-11-09 20:25 | Hobby | Trackback(1) | Comments(8)
トラックバックURL : http://uoch.exblog.jp/tb/12901978
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 日々好日・・いちよう at 2009-11-10 09:18
タイトル : 横浜開港記念館・句会
昨日の日曜日、NPO法人家づくりの会の仲間の句会に出かけた。 以前、仲間の一人を師匠にして吟行を行っていたが 今回はお施主さんを引き込んで指導を頂く事になった。 場所は重要文化財の横浜開港記念館の貸し会議室 大正7年に建てられ、修復を2度行ない今も現役で使われている。 由緒ある建物は大きな通りの交差点のランドマークになっている。 急な階段を数段上がりホールの奥の会議室も 時代の雰囲気を漂わせて文化的な気分になるが 総勢6人仲間は俳句の素人ばかり(特に私は) 会議室前の廊下 それでも指導して...... more
Commented by mf at 2009-11-09 21:28 x
また次回が楽しみですね。
でも、「先生」って言われると困ってしまいますよ。
Commented by ura at 2009-11-10 01:17 x
昨日は、そして今日もいろいろお世話になりました。鰯雲の句はとても落合さんらしかったですね。
Commented by fuRu at 2009-11-10 10:02 x
うーーーん、参加出来ずに、残念でした。
Commented by u-och at 2009-11-10 17:12
mfさん、ありがとうございました。又よろしくお願いします
本当に学校の先生なので「先生」でもいいのでは?
Commented by u-och at 2009-11-10 17:15
uraさん、面白かったですね。
uraさんの「お出かけの戦利小カゴに松ぼっくり」の句も
可愛くて好きですよ
Commented by u-och at 2009-11-10 17:16
furuさん、句だけの参加で残念でした!
選句の後の講評がとても面白かったんです。
Commented by j-kankyo at 2009-11-11 16:21
小学校の同窓会と重なって、参加できず残念でしたが、
俳句が趣味という同級生(男子)に、「今度句会があったら誘って」と頼まれてしまいました!
Commented by u-och at 2009-11-11 19:11
j-kankyoさん、その同級生も誘って
次回の句会に是非参加してください


<< 事務所滞在時間      屋台 >>