続・U設計室web diary

uoch.exblog.jp
ブログトップ
2010年 06月 07日

第三回 釘ん句会

c0016913_1382596.jpg

5月のとある日曜日
千駄ヶ谷に俳句の先生Fさんと家づくりの会の建築家6人が集合し
第3回「釘ん句会」が開催されました。
今回の兼題は「窓」「時計」「春雷」
一人五句の提出なので、自由句も最高2句までOKというきまりです。

さて今回の最高点句は
『海までは五十七キロ』土手の春 (川崎)

なかなか骨太のいい句だなあ

僕がどんな句を出したかと言いますと

春の雷漬け物石も軽くなり(先生が特選に選んでくれました!)

二点句 
春の窓に放り出したるくしゃみかな

一点句
時計見る春の知らせを待つように
窓の雨そのままにして花の宿

無点句
風薫る窓口午後の三時まで

受けねらいの句ではなく、
自分の好きな句を作り続けるということが肝要なんだそうです

この中にあなたのお好きな句はありましたか?
[PR]

by u-och | 2010-06-07 13:08 | Hobby | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://uoch.exblog.jp/tb/14538317
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆい at 2010-06-07 22:34 x
わたしは 時計見る春の知らせを待つように が好きかな。
Commented by nt-lab at 2010-06-08 18:04
わたしは 風薫る窓口当番午後の5時まで。家づくりの会。
Commented by u-och at 2010-06-10 13:14
ゆいさん、僕もこの句は気に入っています!
Commented by u-och at 2010-06-10 13:16
nt-labさん、ありがとうございます
でも字余りですね!!


<< 不思議な電車      阿部勤邸見学 >>