2010年 06月 30日

思いやり

W杯パラグアイ戦はとても残念でした
試合中はハラハラドキドキ
そして最後に大きな感動を与えてくれました。

残酷なPK戦。
敗戦が決まり
PKに失敗してうなだれている駒野に
負けて涙している選手達誰もが「ドンマイ」と声をかける。
駒野の肩を叩いて慰めるキャプテンの長谷部。
涙ぐんでいる中沢が駒野に声をかける。
そして松井が、駒野を守るように肩に腕を回して
何度も「ドンマイ」と駒野を慰めている
松井自身も泣いているのに

選手たち、コーチ、監督
みんなが敗戦のショックで涙しているのに
駒野のことが心配でたまらないのだ。
彼が誰よりも一番自分を責めているのだから。
でも、みんな知っている、
負けたのは駒野一人のせいではないことを
誰もが彼の立場になったかもしれないことを

「勝った負けたと騒ぐじゃないよ。あとの態度が大事だよ」
作詞家の星野哲郎はさすがにいいことを言う

負けたけれども、寛容と思いやりの精神を持つこのチームはとても素敵だ
駒野もいつまでもうなだれていないで早く元気を出してほしい。
彼をパッシングするマスコミは自らの品性が問われると自覚せよ

久しぶりに感動した
ありがとう岡田ジャパン!
[PR]

by u-och | 2010-06-30 21:21 | Blog | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://uoch.exblog.jp/tb/14688364
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 夏の建築家展      ピンチ! >>