続・U設計室web diary

uoch.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 16日

推敲

前回の句会の一句
「先輩の声追いかけている虫の声」

実は
「稽古中秋の夜長の虫の声」
を直してこの句になったのです。

鳴き方の下手な虫が居て
先に生まれた虫の先輩の声をまねして
後輩の虫が鳴き方を習っている
という意味を込めたつもりだったのですが
よくわからなかった方々もたくさんおりました。
ま、へぼだからですが.....
もっと直接に
「先輩の音をまねして虫の声」
だとよかったのかなあ?

先輩を文字通り人間の先輩と思った方々もたくさん居て
ならば、
あこがれの先輩が夜道を自転車に乗って目の前を通り過ぎる
その後をまるで追いかけるように虫達の鳴き声が聞こえる
私も一緒に追いかけたいのだけれど...
という女子高生の作ったような一句も考えられるわけで
「先輩を追いかけている虫の声」

ちょっとましになったかなとも一瞬思いましたが
おじさんが女子高生の気持ちになって考えるというのが
そもそも間違った路線を選んでいますね!
[PR]

by u-och | 2011-10-16 22:48 | Hobby | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://uoch.exblog.jp/tb/16981209
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 土曜日は・・      第九回釘ん句会報告 >>