続・U設計室web diary

uoch.exblog.jp
ブログトップ
2012年 05月 28日

句会

先週の土曜日、午前中は川崎の現場で打ち合わせ
そして午後は横浜本牧・三渓園で行われる
句会に参加してきました(第11回釘ん句会)

今回は吟行(その場で俳句を作ること)です。
勿論、その場で五句はつくれないので
兼題(事前に出題されている句に入れ込む言葉)茶・草
を入れ込んだ俳句を事前に四句作って
その場で一句つくろうというのが私の計画。

参加者は八名、句だけの参加(投稿)は二名。
計五十句を誰がつくったか判らないようにして
そのなかから自分の気に入った俳句を五句選んで感想を述べるという趣向です。

さて、私が選んだ五句は
まず特選
「母の日や草のしめりを手のひらに」

私の解釈は、
お母さんは亡くなったか、遠くに住んでいるかで簡単には会えない。
自宅の庭の手入れをしていて、雑草の中に一輪きれいな花を見つけて掌にのせてみる。
その時ふと今日は母の日だったなあと思い、昔母にカーネーションを手渡したときのことを思い出す。
と妄想してみました!

ほかには
    「夜明け空山鳩をきくぼんやりと」
    「新茶着く茶筒の底の古茶煎じ」
    「蕗をむく母の指先懐かしき」
    「草分けて木苺となる石の杭」

そして私が作った句は
    「茶畑が王蟲(オーム)に見えし向夏かな」
    特選を一ついただきました。
    でも風の谷のナウシカを知らない人がいて
    王蟲の意味がわかってもらえませんでした。残念!

そして高校時代を思い出して造った一句。俳句になっているかが問題ですが・・
    「麦茶飲む白いブラウスすっぱい気持ち」
    なんと特選一つと並選一つをいただきました

現地で作った句は
    「皮破り若青竹は白きけり」
    並選一ついただきました

他の二句は無点句
    「新茶摘む娘のようなお婆婆かな」
    ちょっと気にいっているんですが・・

    「草茂る明日はどちらに向かほふか」
    種田山頭火を意識したつもりでしたが、全然駄目ですね

次回も自分らしい句を作ろうっと!
c0016913_20414323.jpg

[PR]

by u-och | 2012-05-28 20:42 | Journey | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://uoch.exblog.jp/tb/18028224
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 日々好日・・いちよう at 2012-05-29 09:09
タイトル : 横浜三渓園吟行
土曜日の釘ん句会の吟行の兼題は「草」「茶」の二つ 5日前からあわててひねり出したが、どうにもパットせず 「えいや!」と6句作ってあとは吟行任せだが お茶室探索に頭が行き生煮えでギブアップ 美しく保たれている「聴秋閣」 徳川家光が二条城に作らせ、江戸に移築し...... more
Commented by いちよう at 2012-05-29 10:45 x
楽しくて美味しかったよね!
句はマダマダ、難しいですね。
Commented by mf at 2012-05-29 22:06 x
三渓園と魚屋さんの組み合わせ、それこそ俳句的だったかも…
楽しく充実した一日が過ごせました。ありがとうございました。
吟行句会、ぜひまたやりましょう。
Commented by u-och at 2012-05-30 15:40
いちようさん、
句会は楽しく、
食事会はお刺身など新鮮でおいしかったです!
Commented by u-och at 2012-05-30 15:50
mfさん、お世話になりました。
即興で句を作るのはやはり難しいですね。
でもまた是非吟行を行いましょう!


<< 筏道を歩く      街角にて >>