2013年 07月 22日

一級建築士定期講習

「建築士事務所に所属する建築士は
3年ごとに講習を受けなければならない。」
これは例のアネハ事件から始まった
建築偽装工作に端を発した法律(建築士法)で
私も今回が2回目の受講。
3年経つのは早い!

この講習、すべての建築士が対象ではなく、
建築士事務所に所属する建築士が対象というところがミソで
建築士の資格を持っていても、大学の先生や現場の監督等
建築士事務所に所属していない建築士は講習の義務はないのです。
すべての建築士だったら
大手施工会社や住宅メーカーの反対にあって
廃案になったんじゃないかな。

さて、この講習は大手建築士予備校等で行っていて
私も前回は日建学院で受講しました。
一級建築士講習は大手予備校はどこも12000円。
どこか安いところはないかなとネットで検索したところ
NPO 東京土建ATECというところが10000円。
受講場所も大久保駅近くだし、近くて安いということで
今回はここで受講することにしました。
(東京土建に入会していなくても受講OK)

大手予備校は狭い教室にぎゅう詰めにされて、授業はTV授業.。
でもここは、ゆったりとした教室で(受講者も30名程度)
授業も先生がやってきての対面授業です。
なかなか印象がよかったので
関係する皆さんにお知らせしようと思った次第です。
おすすめですよ~
c0016913_15351191.jpg

[PR]

by u-och | 2013-07-22 15:35 | Blog | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://uoch.exblog.jp/tb/20533794
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 前川國男邸      最近の下北沢駅周辺 >>