続・U設計室web diary

uoch.exblog.jp
ブログトップ
2016年 03月 30日

設計監理者不在の工事

c0016913_16151850.jpg

事務所の前で、木造三階建てのアパート工事が始まっています。
施工は大手ハウスメーカーです。
2x4のパネル工法なので、1階の床をつくって1階の壁を立ち上げ、
その上に2階の床をつくってと、下から順番に作っていく工法です。
構造用合板によるパネル工法なので濡れることは天敵。
2階の床を張った当日の夜から天気予報では雨の予報。
人ごとながら心配しておりましたが、
床に養生シートも掛けずに職人さん達は帰ってしまいました。
予報通りその日の夜は雹まじりの荒天。翌朝見ると、
写真のように2階の床に大きな水たまりができてしまったわけです。
設計監理者がいれば、
こんな状況の時は事前に養生してもらうよう指示するのですが、
ハウスメーカーの工事では
工事監督(ハウスメーカーの監督は発注や工程管理が主な業務)もいないし
勿論、設計監理者もいないのでこんな事になってしまうわけです。

構造用合板に雨は天敵なのに・・
[PR]

by u-och | 2016-03-30 16:16 | Works | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://uoch.exblog.jp/tb/25465302
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 能見台の家・外壁色決め      意気地なし >>