続・U設計室web diary

uoch.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 22日

ガラス搬入

「奥沢の家」の敷地は実質20坪の土地。
2階居間の大きなペアガラスを入れるのに
現場は結構苦労していました。
それでも足場と建物の隙間を
ガラス屋さん、監督、大工さんたちの四人の連係プレーで
見事所定の位置に納めてくれました。
私はというと
変に手伝うと邪魔になりそうなので
もっぱらカメラマン役に徹していました!

現場にはご苦労をおかけしています。

c0016913_21233538.jpg

c0016913_21235823.jpg

c0016913_21241762.jpg

搬入の時ガラスに吸着させて
ガラスの取っ手になる優れもの。
ガラス屋さん必携の道具です。
[PR]

by u-och | 2005-11-22 21:26 | Works | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://uoch.exblog.jp/tb/3110236
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by satoshi_irei at 2005-11-22 21:38
東京町家の基準のひとつは土地が20坪以下・・・というのがあります。
とにかく、施工が大変なんですよね。手間が掛かります。

この写真から、気持ちよさそうな窓が誕生しそうですね。
Commented by hinata_gkc at 2005-11-23 13:10
ちょっとミッションインポッシブルのトムクルース思い出しました。
こんなん使ってましたよ。(^-^)
Commented by kyoco-chan at 2005-11-24 12:30
お仕事によって、便利な道具があるものね~。
前にピアノを搬入するときに(100キロの電子ピアノ)
専門の業者さんが、ピアノ専用の抱っこ紐をうまく使ってて
感心しました~。
Commented by u-och at 2005-11-24 22:41
ireiさん、確かに狭い土地だと施工もいろいろ大変ですね。
Commented by u-och at 2005-11-24 22:48
ひなよしさん、そんなんありましたっけ?
Commented by u-och at 2005-11-24 22:50
kyoco-chan,ピアノの運び屋さんは
腰痛持ちの人が多そうですね。


<< 鎌ヶ谷大仏      ライバルあらわる! >>