続・U設計室web diary

uoch.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 02日

空中に浮かぶはしご

流山の家は木造3階建の住宅です。
3階ともなるとかなり高さを感じます。
写真は階段室の部分。
まだ階段が出来ていないので
はしごで職人さんたちは上り下りしています。
2階から3階に上るはしごは
渡した角材の上に釘で固定したもの。
空中に浮いているはしごのようで
かなりスリルが味わえます。
大工さんたちはスルスルおりたり上ったりするんだから
凄いなあと思ってしまいます。
怪我には十分気をつけてほしいですけど・・

c0016913_1821555.jpg

[PR]

by u-och | 2005-12-02 18:02 | Works | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://uoch.exblog.jp/tb/3163554
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kyoco-chan at 2005-12-03 00:39
あ~、びっくりした、スリルのある家かと思いました~^^;
大工さんは、高所恐怖症の人は出来ないんですね~。
Commented by 欒樹 at 2005-12-03 10:18 x
 筋交いがしっかりはいってますね。  工事途中の写真を残しておくべしと言う規制はあるのでしょうか? 簡単には修正の出来ないデジカメではなく。
Commented by u-och at 2005-12-03 21:11
kyoco-chan,職人さんたちは
身が軽い人が多いんですよ
Commented by u-och at 2005-12-03 21:21
欒樹さん、残しておくべしという規定は特にありませんが
設計監理で現場に行ったときに備忘録として撮っていますね。
デジカメでですけど・・
Commented by kazuo-nakazato at 2005-12-04 18:35
住宅事故の半分以上はここで、尚更3階建てはやばいです。
安全養生も作業性が悪くなり難しいところですが、やはり安全第一にしないといけないですね。
Commented by u-och at 2005-12-05 22:03
中里さん、僕もこのはしごを登るのは怖いですし
やはり安全第一ですよね。


<< 富士山      蕎麦屋の「のれん」 >>