続・U設計室web diary

uoch.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 18日

前川國男建築展

東京駅ステーションギャラリーで開催中の
「前川國男建築展」(3月5日まで)
にいってきました。
前川國男生誕100年を記念した展覧会ですが
土曜の午後ということもあってか
かなりの人混みでした。
建築家の長谷川敬さんにもばったりお会いしました。

1928年の卒業設計から1985年の新潟市美術館まで
前川國男の思考をおうように年代順に展示がされています。
前川國男の代表作「神奈川県立音楽堂」が
1952〜1954(前川47歳〜49歳)
「東京文化会館」が1956〜1961(前川51歳〜56歳)
「東京海上ビル」が1965〜1974(60歳〜69歳)
と40代、50代、60代にそれぞれ代表作をつくっているのだなあ。

社会と建築家の間に立って
建築家の職能の確立に努力した日本建築界の良心。
建築と都市。人間のための建築。100年以上使われる本物の建築。
社会と建築家の関係
前川國男という建築家の志の高さに
頭をがつんと殴られたような気がしました。
昔買った本「一建築家の信条」を読み返してみよう。

大学の学生たちが造った
旧紀伊國屋書店や東京文化会館等の精巧な模型も
一見の価値ありです

c0016913_2325518.jpg

[PR]

by u-och | 2006-02-18 23:26 | Architecture | Trackback(2) | Comments(11)
トラックバックURL : http://uoch.exblog.jp/tb/3547265
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from とんとん・にっき at 2006-02-24 01:05
タイトル : 「前川国男建築展」を見た!
先日の「吉村順三建築展」に引き続き、今年最後の美術館めぐり、東京ステーションギャラリーで開催されている「前川国男建築展」を見てきました。副題は「モダニズムの先駆者生誕100年」とあります。午前中に行ったので、比較的空いていて、ゆっくり見ることができまし... more
Tracked from af_blog at 2006-03-02 18:46
タイトル : 「前川國男 建築展」
最終日を前に「前川國男 建築展」に行ってきました。 ...... more
Commented by boro9239 at 2006-02-21 02:00
落合さん、私たち幸せですよね。身近で前川建築を堪能できて!
Commented by u-och at 2006-02-21 09:48
竹内さん、世田谷区民会館・世田谷区役所・世田谷郷土資料館と
前川建築がたくさんありますものね。
区民会館は神奈川県立音楽堂と東京文化会館の間に造られた
前川建築の中で結構重要な位置付けの建築ですね。
Commented by boro9239 at 2006-02-21 14:30
世田谷郷土資料館は前川建築最後のテクニカルアプローチ、
だそうで、意外と重要な位置づけだそうですね。
Commented by u-och at 2006-02-22 13:05
竹内さん、前川國男のスタンスは
今でも新しい課題が山積みですね。

Commented by masa-aki.m at 2006-02-22 16:09
そろそろ行かないと終わってしまう。何時にしよう。
Commented by u-och at 2006-02-23 18:41
松原さん、3月5日までですよー
Commented by tonton3 at 2006-02-24 01:07 x
「前川国男建築展」を見た!トラックバックさせていただきます。よろしくお願いします。
Commented by fuRu at 2006-03-02 18:47 x
森永キャンディストアが良かったですね。
Commented by boro9239 at 2006-03-12 11:04
この前行ってきました、が、ちびっ子連れではなかなか無理があったようです(笑)
Commented by u-och at 2006-03-13 22:59
boroさん
ぼくも、子連れで「安藤忠雄展」に行ったことがありますが
やっぱりなかなか無理がありますね!
Commented by u-och at 2006-03-13 23:00
furuさん、ぼくは昔の紀伊国屋書店が気に入りました。


<< マイ・アーキテクト      牧歌的 >>