続・U設計室web diary

uoch.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 01日

刻み場

先日、大工さんの刻み場に行ってきました。
最近は「プレカット」といって、工場での機械刻みの工務店が多いのですが
この工務店は大工さんが手で刻んでくれています。
刻み場は材木屋さんの下小屋を借りて行っているので
埼玉の材木屋さんに行ってきました。

監督を交えて、大工さんからのひとしきりの質問を終えると
材木屋さんの社長がコーヒーをご馳走してくれました。
刻み場で材木屋さんの社長が「今度はこんなのを使って下さい」と
大黒柱に使う大径木のりっぱな欅の木や
銀杏の木など何十年もストックしている木を見せてくれました。

ウーン、この感じ、どこかで味わったことがあるなあ。
そうだ、モロッコに行ったときの絨毯屋の雰囲気に似ているのです!
飲み物を飲みながら目の前に立派な絨毯(木材)が次々と並べられる。
でもここはモロッコの絨毯屋さんではなく所沢の材木屋さん。
扉を閉められて誰かが絨毯(木材)を買うまで解放してくれない
なんてことは勿論ありません!
というか、もうすでに材木は購入済みでありました。

上棟の前に、実際の材料を見られるのって楽しいですね。
c0016913_17503516.jpg

c0016913_17504851.jpg

[PR]

by u-och | 2006-07-01 17:51 | Works | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://uoch.exblog.jp/tb/4084598
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tokyomachiya at 2006-07-01 19:37
昔、調子こいていたら、材木屋のオヤジが本気になって、車に載せられて貯木場まで連れて行かれたことがあります。
Commented by u-och at 2006-07-03 13:04
tokyomachiyaさんが調子こいているところを想像して
思わず笑ってしまいました!失礼!!


<< 魔法のフライパン      npo法人 家づくりの会 総会 >>