2006年 08月 11日

古代語?

昨日は台風一過の快晴の天気
雑司ヶ谷の現場の地鎮祭でした。
今回の神主さんは地元の神社の神主さん。
跡取りの息子さんか、かなりお若い神主さんです。
その分、かなり丁寧に地鎮祭を行っていただきました。

いつも思うことですが
神主さんの詔を聞いていると
今の日本語とかなり違う発音のように聞こえます。
例えば「はひふへほ」が「ふぁ・ふぃ・ふう・ふぇ・ふぉ」のように
「あいうえお」も「うあ・うい・う・うえ・うお」のように
聞こえるように思います。
声がこもる分、神々しさも増すように感じます。
これって古代語の名残なのでしょうか?
金田一先生に聞いてみたいですね。
c0016913_1731445.jpg


もう一つおまけの写真。
神主さんの履き物は木靴だと思っていたら
この神主さんは革靴でした!
失礼を顧みず、写真を撮らせて頂きました!!
c0016913_1733520.jpg

[PR]

by u-och | 2006-08-11 17:04 | Blog | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://uoch.exblog.jp/tb/4311476
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from OMソーラーの家「東京町家」 at 2006-08-11 23:18
タイトル : 日本語を話せなくなった日本人
民俗学の授業での一幕 宮本先生:「みなさんは、あいうえお50音を発音できますか?」 私の心の中:「冗談じゃないよ!いくらお絵かきしてるからってここは小学校じゃないぜ!」 50音って言うけど、数えたら50無いんですよね、皆さんが使っている日本語は・・・。 わ行を発音してください。 「わ・い・う・え・お(を)」 私が正しい発音をしてみましょう。「わ・うぃ・う・うぇ・うぉ」 これは明らかに「あ・い・う・え・お」とは違っています。 もう少しわかりやすく書くと「a・i・u・e・o」と「wa・...... more
Commented by mf at 2006-08-11 22:51 x
現在の「は・ひ・ふ・へ・ほ」は室町時代くらいまでさかのぼれば「ふぁ・ふぃ・ふ・ふぇ・ふぉ」、もっと昔は「ぱ・ぴ・ぷ・ぺ・ぽ」だっただろうと考えられているのですよ。「母」を「パパ」と言っていたということですね。
Commented by tokyomachiya at 2006-08-11 23:20
戦前は、普通に正しい日本語が使われていたそうです。
そんな宮本常一さんの話をTBさせていただきました。
Commented by u-och at 2006-08-12 12:07
mfさん、母が「パパ」ですか!そういえば「父」も発音が同じ「乳」から連想すればお母さんのイメージですね。
Commented by u-och at 2006-08-12 12:11
tokyomachiyaさん、こんにち「は」
確かに矢野顕子は鼻濁音もきれいだし、日本語のアクセントに近いメロディーラインなので、歌詞カードを見なくても歌詞の意味がわかりやすいですね。
実はわたくし、矢野顕子の歌が好きなのでありますよ!


<< トトロの小径      神楽坂 >>