2006年 09月 29日

土浦亀城邸

先日、「土浦亀城邸」を見学する機会を得ました。
この家は1935年竣工、築71年になる、
インターナショナルスタイルでつくられた日本建築史にのこる名住宅なのです。

フラットルーフ、石綿セメント板を張った乾式工法の外壁
(現在は縦張り木の上にペンキ塗り)と
本来コンクリートでつくるべきところを
木造でつくっているので工法としては無理があるのに、
愛着を持つ住み手により大切にメンテナンスがされているお陰で
築71年とは思えないほどきれいで、今見てもとてもモダンな住宅です。

当時断熱材などないので「もみ殻」を外壁に充填して断熱をしたり
居間の天井に輻射熱の天井暖房?を施したりと
建築原論的な実験的な試みをいくつもしています。
そして、有名なスキップフロアで繋がる空間構成。
居間とホールと寝室等五つのフロアを巧みに繋いで
おおらかな気持ちのよい空間をつくっています。

この住宅はたまりのある場所がたくさんあって
どこに座っても、とても落ち着く安心感があります。
収納計画もしっかり考えられていて、快適な生活が送れる裏付けもあります。
71年の間、ほとんど設計時のままで暮らせるのは、
住まい手のこの住宅への愛情とともに
この住宅がしっかりとした生活への配慮が出来ている賜物と思いました。
c0016913_19201866.jpg

c0016913_19205649.jpg

c0016913_19211764.jpg

c0016913_19214544.jpg

[PR]

by u-och | 2006-09-29 19:33 | Architecture | Trackback(2) | Comments(10)
トラックバックURL : http://uoch.exblog.jp/tb/4644747
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ひとりごと at 2006-09-30 09:14
タイトル : 土浦亀城邸
土浦亀城邸... more
Tracked from 山本成一郎設計室 at 2007-03-21 09:27
タイトル : 土浦亀城邸
昨年の初秋、建築家の[http://homepage2.nifty.com/mhanda 半田雅俊]さんのご尽力で土浦亀城邸を見学することが出来ました。 たいした予備知識もなく、コルビュジェ風白い箱スタイルの物真似だろう、などとタカをくくっていたのですが、実際に拝見して己の不勉強を恥じました。 [[attached(1,center)]] 確かにパラペットを立ち上げ緩い勾配屋根を隠すなど無理をしてキュービックな外観を作り出していますが、敷地の高低差を上手く利用したスキップフロアによる明快な...... more
Commented by satoshi_irei at 2006-09-29 19:39
永く住み続けられる家とは過不足なく設計された家だと思います。
自由になるようにがらんどうの家は結局、愛されないように思います。
作り手の思いが伝わる家が永く住まわれていますね。
Commented by studio-tsumugi at 2006-09-29 22:22
どんな家も住まい手に愛されてこそ、生きるものですよね。
設計が携わった家は奇抜さや斬新さだけでなく、
やはりどこか細やかさがあるもの、と思っています。
Commented by tokyomachiya at 2006-09-30 13:29
土浦亀城邸・・・見学したんですか??
いいなぁ・・・。
僕は学生時代からあこがれていました。
誘って欲しかったなぁ。
東急ですよね・・・等々力ですよね・・・。
他の御近所のインターナショナルスタイルはどうでしたか?
Commented by u-och at 2006-10-02 13:11
ireiさん、作り手の思いはほんとに大切ですね
Commented by u-och at 2006-10-02 13:15
tsumugiさん、この家は当時としてもとても前衛的な家だった
にもかかわらず、生活への細かな配慮もされていました。
Commented by u-och at 2006-10-02 13:20
迎川さん、目黒の高級住宅街の一角にあります。
一緒につくった住宅三棟は残念ながら建て替えられていて
残ったのはこの土浦邸のみです。
江戸東京博物館に移築保存ではなく
出来ればこの地で保存してほしいですね。
Commented by tanaka-kinoie at 2006-10-03 20:27
現存するんですね。
羨ましいです。
上大崎の長者丸にあるのは知っていましたが、たまに白金トンネルを
抜ける裏道で通る時にいつもこの家が浮かぶんです。
Commented by kyoco-chan at 2006-10-05 08:12
あ~やっと、わかりました。
u-の意味が♪  遅すぎ(^^ゞ

71年前の建物に見えない~。
おばあちゃんちと比べてみたけど、ぜんぜん違う~。
(おばあちゃんちが築何年かしらないけど)

家の外にある白いロッカーに見えるのは、何かしら??
Commented by u-och at 2006-10-05 14:02
田中さん、「長者丸」ってすごい地名ですよね!
建築家の槇さんもこのあたりにお住まいだそうですよ。
Commented by u-och at 2006-10-05 14:07
kyoco-chan、わかっちゃいましたか!!(^^):

写真左に写っている「ロッカー?」みたいなものは車庫です。
こちらも築71年ものですよ


<< 運動会      今日の事務所 >>