続・U設計室web diary

uoch.exblog.jp
ブログトップ

2006年 02月 18日 ( 1 )


2006年 02月 18日

前川國男建築展

東京駅ステーションギャラリーで開催中の
「前川國男建築展」(3月5日まで)
にいってきました。
前川國男生誕100年を記念した展覧会ですが
土曜の午後ということもあってか
かなりの人混みでした。
建築家の長谷川敬さんにもばったりお会いしました。

1928年の卒業設計から1985年の新潟市美術館まで
前川國男の思考をおうように年代順に展示がされています。
前川國男の代表作「神奈川県立音楽堂」が
1952〜1954(前川47歳〜49歳)
「東京文化会館」が1956〜1961(前川51歳〜56歳)
「東京海上ビル」が1965〜1974(60歳〜69歳)
と40代、50代、60代にそれぞれ代表作をつくっているのだなあ。

社会と建築家の間に立って
建築家の職能の確立に努力した日本建築界の良心。
建築と都市。人間のための建築。100年以上使われる本物の建築。
社会と建築家の関係
前川國男という建築家の志の高さに
頭をがつんと殴られたような気がしました。
昔買った本「一建築家の信条」を読み返してみよう。

大学の学生たちが造った
旧紀伊國屋書店や東京文化会館等の精巧な模型も
一見の価値ありです

c0016913_2325518.jpg

[PR]

by u-och | 2006-02-18 23:26 | Architecture | Trackback(2) | Comments(11)