続・U設計室web diary

uoch.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Blog( 81 )


2005年 11月 10日

玉電復活

c0016913_16292799.jpg


世田谷線のデザインが8日から
玉電時代のクリーム色とグリーンの
ツートンカラーになるというニュースを
新聞やラジオでも知りましたが
まだその電車を見たことがありませんでした
まだごくごく一部の車両でしか
デザインの変更をしていないようです。

でも今日、事務所に来る道すがら遭遇しました!
何だか懐かしい、昔子供達に大人気だった
ペコちゃん型を思い出してしまいました。

めったに走っていない電車を見れたので
何かいいことがあるかも!!
(かなり単純?!)
[PR]

by u-och | 2005-11-10 16:30 | Blog | Trackback | Comments(6)
2005年 11月 08日

秋晴れ

c0016913_2147915.jpg


今日は気持ちのよい秋晴。
秋といえば
読書?紅葉?キノコ狩り?栗拾い?
やはり食欲の秋かな。

お昼ご飯をたまに
近くにあるお弁当屋さんに買いに行くのですが
たいてい「大盛にしますか?」と聞かれます。
男の人には基本的に聞くのでしょうか?

この間はなじみのお弁当屋のおばさんが
「大盛にしときますね!」と有無を言わさず
サービスしてくれました。

運動不足でカロリーオーバー気味なので
少し減量したいところ。
その肥満と闘おうという男心にクサビ打つ
「大盛」という甘い言葉。

でも勿論、おばさんの厚意を有り難くいただいて
おいしく大盛のお弁当を戴きましたよ!
事務所にはみそ汁は勿論
キムチやザーサイやもずくといった副菜もそろっているし
デザートにヨーグルトも食べてしまい
またしてもカロリーオーバー気味です!

やはり、食欲の秋ですね。
[PR]

by u-och | 2005-11-08 21:49 | Blog | Trackback | Comments(2)
2005年 09月 03日

流山線

c0016913_17462660.jpg

昨日は「流山の家」の地鎮祭。
現場に行くのに
電車を1本乗り遅れたら接続が悪く
乗り換え駅でかなり待つことになってしまいました。
特にJR馬橋駅と流山駅を結ぶ流山線は
その時間、1時間に3本しかなく、
ちょうど電車が行ったばかりだったので
20分ホームで待つことになりました。

今時珍しい木造平屋のホーム。
そして、ホームに喫煙所まであります。
といっても、オレンジ色の喫煙所の看板の下に
灰皿が一つ立っているだけですが・・・
珍しいと思って写真を撮りましたが
よく考えたら、JR渋谷駅ホームにも喫煙所があったなあ。

流山線は単線で駅は全6駅。
電車の先頭に名前プレートがついています。
ちなみに私の乗った電車は「青空」号。
普通の電車に名前が付いている方が
喫煙所ネタより珍しかったですね。

待ち時間20分もあったけれど、
ブログネタを取材できたし
まあよかったかな?
[PR]

by u-och | 2005-09-03 17:50 | Blog | Trackback | Comments(2)
2005年 09月 02日

緊急時伝言ダイヤル

c0016913_21362669.jpg

大地震が起きると
携帯電話は通じなくなる。
安否を知りたい電話が殺到して
被災地への電話もつながらなくなる。
そんな時、家族や友人の安否を確認する手段として
NTTの緊急ダイヤル「171」
があるのだそうです。
被災地からの伝言をよその局を経由させることで回線のパンクをさけ
相手に伝えるというシステム。

この緊急時伝言ダイヤルは大地震等の災害があり
被災地への電話がつながりにくくなったときにのみ
利用できる回線ですが
今週いっぱいは防災の日の週ということで体験できる。
早速やってみました。
音声ガイドに従って安否を知りたい電話番号を入力、
もちろん伝言はありませんとの声が聞こえるだけではありますが・・

171という緊急時伝言ダイヤルの存在は
覚えておいた方がいいけれど
本当に使わないで済むことを願っています。
[PR]

by u-och | 2005-09-02 21:38 | Blog | Trackback | Comments(0)
2005年 07月 26日

クールビズ

事務所の床は檜の無垢板が張ってあります。
湿気の多いこの時期でも
無垢の床板はさらっとしてとても気持ちがいいのです。
そして、無垢板とくればやはり素足。
素足で仕事ができるって、設計事務所ならではかも。
お客様にはスリッパをお出ししますが
ほんとは素足の方が気持ちいいんですよ。
お客様には失礼して
この時期、スタッフたちもみな素足です。

c0016913_071681.jpg
足をお見せして
大変失礼しております!
[PR]

by u-och | 2005-07-26 00:11 | Blog | Trackback | Comments(6)
2005年 06月 30日

足つぼマッサージ

「足つぼマッサージ」なるものに初めていってきました。
まずは、両足を10分くらい温水に入れる。
ほどよく血行もよくなったところで、
マッサージの先生が登場。
片足ずつ主に足裏をぐりぐりとマッサージしてくれるのであります。
聞くところによると痛い人はかなり痛いというので
ちょっと心配しておりました・・

おじさん先生は人の顔色を見ながら、
「この辺痛いだろう。どうだまいったか」
という感じでぐりぐりしてくれるのですが、
それが思ったほど痛くないのであります。
というより、足裏をすりすりされるとくすぐったいほどなのであります。
先生も「ちぇ、つまらん」という感じで無言で次のツボに移っていきます。

隣に座っている一緒に行った友人はというと
ひたすら「いたたた・・・」と顔をしかめております。
痛いツボで悪い部分が判るらしく、
「あんたは肝臓が悪い。それに寝不足で頭痛持ち」
と言われておりました。
後でその友人に聞くと、その通りなんだそうです。
恐るべし、足つぼマッサージ師!
ちなみに私はというと
「特に問題なし」ということでした。
あーよかった!
[PR]

by u-och | 2005-06-30 23:04 | Blog | Trackback | Comments(4)
2005年 05月 13日

修学旅行

修学旅行に伴う自主研修ということで
宮城県の中学生4人が事務所を訪ねてきました。

東京の設計事務所ということで
TVドラマにでてくるようなコンクリート打ち放しの建物で
キムタクのような建築家像を想像していたら
かなりずっこけただろうな。
事務所は築45年の木造住宅を改装した建物だし、
キムタクはいなくて、
でてきたのは林家こぶ平似のおじさんだもんなあ。

でも、みなさん熱心に質問をして、メモをとっていました。
模型を見せたときは「おー」と歓声を上げてくれました。
うちの事務所のスタッフは4人とも女性ですが
訪ねてくれた中学生も4人とも女生徒だったので
8人の女性に囲まれたことになります!
(この表現、やっぱりおじさんだ!!)

ともあれ、この4人の中から建築家になる人が現れ
「私の建築家としての原点は修学旅行で訪ねた設計事務所です」
なんて言ってくれたら、とてもうれしいだろうなあ。


c0016913_21435132.jpg
[PR]

by u-och | 2005-05-13 21:45 | Blog | Trackback(2) | Comments(10)
2005年 04月 05日

出発

3月が別れの季節なら
4月は旅立ちの月と言っていいでしょうか?
街は新しい環境で事を始める人達に溢れています。
私も気分一新、気合いを入れて頑張らねば!

写真は世田谷線の始発駅、三軒茶屋駅。
旅立ちに引っかけて駅舎の写真を・・
といっても、世田谷線は10駅しかない短い路線ではありますが。

と、こんな事を書いていたら
どこか、遠くに行きたくなってきました。

c0016913_16344570.jpg
[PR]

by u-och | 2005-04-05 16:36 | Blog | Trackback | Comments(4)
2005年 03月 29日

カブちゃん

この間の休日に子供と一緒に「カブト虫」の土換えをしました。
正確に言うと「カブト虫の幼虫」で
建て主のWさんから戴いたものです。
それぞれペットボトルに入った幼虫は全部で6匹
皆元気で大きくなっていました。
大きな糞をたくさんしていましたよ。
初めてこの幼虫を見た時はちょっとぎょっとしましたが
お世話していると愛着が湧くものです。

5月か6月頃にはさなぎになって
カブト虫の形になるのだそうです。
その時は、そうっとして触ってはいけないのだとか。
ですから、幼虫のカブちゃん達ともこれが最後の対面です。
今度会うときはカブト虫になった時です。
みんな元気でカブト虫になってほしいなあ。

c0016913_10434345.jpg
[PR]

by u-och | 2005-03-29 10:44 | Blog | Trackback | Comments(4)
2005年 03月 09日

危機管理能力

JR山手線での出来事。
夜遅くなので、酔っぱらい客が多い。
ぼくは座席でうつらうつらしていると、
隣に座っている20代とおぼしき男が
「ねえ、何見てるんですか」と
前に立っている50代・サラリーマン風の男に言っている。
「え?」とサラリーマン。
「何じろじろみてるんだよ!」と20代の男。
すると、サラリーマン
「ぼくが見てるんじゃなくて、あんたが見てるんじゃないか」
「なんだって!!」と20代。
一触即発。かなり、険悪な雰囲気。

と、サラリーマン
「こんな事で、喧嘩するのやめようよ」と
落ち着いた声で話しかける。
その、のんびりした声に、頭に血の上った20代の男
さすがに我に返ったのか、でもちょっと間をおいて
「そうですね、こんな事で喧嘩してもしょうがないですね」
と、何事もなかったように目をつむって寝に入りました。

あーよかった!
それにしても、この50代のサラリーマンの人の切り返し
なかなかのものでしたよ。
感心しました。
[PR]

by u-och | 2005-03-09 22:35 | Blog | Trackback | Comments(3)