続・U設計室web diary

uoch.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Music( 8 )


2016年 11月 24日

井上陽水×ロバート・キャンベル 言葉の海に漕ぎ出す

昨晩、上記の番組をFM東京で聴いた。


井上陽水の歌を英語に訳すときに浮かんだ疑問の数々を

「アーティストにこんな事をきくのは無粋だと思いますが・・」と前置きして

ロバートキャンベルが井上陽水に鋭く質問していく。

意外だったのは井上がその質問に素直に実直に答えていくことだった。

井上自身も考え及ばなかった事柄がこの対談を通して浮かび上がってくる。

まるでミステリー小説を読んでいるような気分が味わえる

とても興味深い面白い番組だった。


井上陽水の詩は不思議な部分が多い。

それを井上は「聴いている人が、あれ、これってどうなっちゃうんだろう?と

最初のワンフレーズで引きつけることが大切なんです」と

素直に作詞の秘密を明かしてくれた。

韻を踏んで言葉が飛躍していくボブ・ディランの影響があるとも告白する。

「でもイメージが飛躍しすぎると聴いている人が判らなっちゃうので、

そのあたりのバランスが難しいんですよね~」とも例の口調で話す。


井上陽水の歌は不思議な歌が多い。

例えば「カナリア」


「人々の愛を受けるために飼われて

鳴き声と羽根の色でそれに応える

カナリア カナリア カナリア

カナリア カナリア カナリア

盗賊は夜を祝い君にうたわせ

プリンセスからのながい恋文を待つ

カナリア カナリア カナリア

カナリア カナリア カナリア


いちばん夢を見てた人のことを教えて

いちばん恋をしてた人のことを教えて

いちばん大好きな人の名前うちあけて


少年は春を呼びに君をつれだし

老人はもの想いに君を誘なう

カナリア カナリア カナリア

カナリア カナリア カナリア

鳥籠はいまも部屋の隅に飾られ

入口の鍵の場所は誰も知らない

カナリア カナリア カナリア

カナリア カナリア カナリア


いちばん夢を見てた人のことを教えて

いちばん恋をしてた人のことを教えて

いちばん大好きな人の名前うちあけて

カナリア カナリア カナリア

カナリア カナリア カナリア」


まず、カナリアはその鳥籠の中にまだいるのか?という疑問。

そもそも、この歌はいつの時代、場所を背景にしているのか?

アラビアンナイトの時代?現在?

もしかしたら遠い昔から現在までを生きてきた

時間と場所を超越した不老不死のカナリアなのか?

そのカナリアは現在はどうなっているのか?

そしてこのカナリアに問いかけている人は誰?

この歌を聴くといろいろな不思議が浮かんでくる。


ねじれた時空を連想させる編曲が更にこの歌の魅力を倍増させる。


番組では他に「飾りじゃないのよ涙は」「いっそセレナーデ」

「とまどうペリカン」「最後のニュース」などが取り上げられていた。

この番組を基にキャンベルさん、本を書いてくれないかな?



[PR]

by u-och | 2016-11-24 18:14 | Music | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 25日

松陰ジャズナイト2016

先週の土曜日、現場打合せで少し遅くなりましたが、
無事に松陰ジャズナイトに間に合いました。
世田谷・松陰神社では毎年この時期、
萩市と合同で2日間「松陰維新祭り」を行い
初日の土曜夜は松陰神社境内でジャズの演奏があるのです。
c0016913_16193358.jpg
まずは松陰先生にご挨拶。
c0016913_16202423.jpg
トランペットを吹いているのは一二三のご主人!

ジャズを堪能して家に帰り、カミさんが買っておいてくれた
萩の地ビール「ちょんまげビール」を飲んだのでした。
美味!!
c0016913_16224072.jpg

[PR]

by u-och | 2016-10-25 16:23 | Music | Trackback | Comments(0)
2012年 10月 30日

松陰ジャズナイト

先週の土曜日は、近所の松陰神社のお祭り。
毎年、境内でビッグジャズバンドによる演奏があります。
打ち合わせの帰りにちょっと覗いてみました。
まずは社殿に向かって演奏の皆さんが二礼二拍手一礼で
松陰先生に拝礼。
そしておもむろに演奏が始まりました。
凄い迫力!
そしてトランペットのソロをとったのは
うなぎ一二三のご主人です!!
格好良かったですよ〜
c0016913_2014476.jpg

[PR]

by u-och | 2012-10-30 20:02 | Music | Trackback | Comments(2)
2010年 12月 29日

ドンガバチョの歌

先日、朝日新聞に「自分を励ます曲」という記事があった。
ウルフルズの「ガッツだぜ」や
坂本九の「上を向いてあるこう」などの曲があがっていたが
残念ながらドンガバチョの歌は入っていなかった。
とてもいい歌だと思うのでご紹介します
(You Tubeでも聞けます)

ドンガバチョとは勿論「ひょっこりひょうたん島」のドンガバチョ大統領
そのドンガバチョがちょっとへこんだ時に歌う唄です
(おそらく井上ひさし作詞)

「東海の小島の磯の白砂に われ泣きぬれて 蟹とたはむる」
とたいていは一首詠んだ後、軽快な音楽にのって始まるドンガバチョの歌

「今日が駄目なら、明日(あした)にしまちょ。
明日が駄目なら明後日(あさって)にしまちょ。
明後日が駄目なら明明後日(しあさって)にしまちょ。
どこまで行ってもあすがある〜。ハイ
ちょいちょいちょ〜いとドンガバチョ。ほい!」

ね!何だかちょっといいでしょう?

「去年今年貫く棒の如きもの」 虚子

2011年が皆さんにとっても、より良い一年でありますように!
c0016913_140473.jpg

[PR]

by u-och | 2010-12-29 14:00 | Music | Trackback | Comments(0)
2007年 11月 29日

兼子志づくピアノ教室

2007年11月23日、兼子志づくピアノ教室の2年に一度開かれる
門下生によるピアノコンサートにカミさんと一緒に行ってきました。
場所は青山のドイツ文化会館ホール。

長女も一応門下生。
自作の「楽しいメール」という曲と
ベートーヴェン作曲ワルツ変ロ長調を弾きました。
見ているこちらも少し心臓がドキドキしましたが
なんとか無難に弾き終わりました。
練習よりうまくいったかもしれません(^^):

それにしても、舞台にたてば頼れるのは自分だけ。
あがって手が止まっても
自分で何とか最後まで持って行かなければいけないわけで
こういう経験を積むと、きっと精神的にタフになりますね。

発表会のトリをつとめるのは
兼子志づく先生伴奏、チェリスト、ロバン・デュプイ氏によるチェロの演奏。
ゴンザレス「meischeid」という曲と
トニゼッティ「人知れぬ涙」という曲を演奏してくれました。
ピアノもいいけれど
やっぱりチェロの音色はいいなあ!
ジーンときてしまいました
c0016913_1938348.jpg

c0016913_19382274.jpg

[PR]

by u-och | 2007-11-29 19:40 | Music | Trackback | Comments(2)
2006年 08月 30日

ミニコンサート

事務所が入っている「COS下北沢」の1階ホールで
ミニコンサートをするので聞きにいらっしゃいませんかとお誘いを受け、
スタッフのみんなと1時間ほど至福の時を過ごさせて頂きました。

「クラヴィコード」という鍵盤楽器の演奏会。
初めて見ましたが、まるで工芸品のような楽器です。
それもそのはず、演奏者の佐伯恵美さんがイギリスの職人に依頼して
2年待って更に制作に6ヶ月かかったというとても美しい手作りの一品なのです。
音は、ピアノよりも弦楽器のような音質で
音量はとても小さく、皆息をつめるように聞き入っています。
黒檀の鍵盤をたたくのではなく、押すように演奏するのだそうです。
とても繊細な楽器でちょっとした湿度で鍵盤が上がらなくなるのだそうです。

それにしても、とても珍しい楽器の生演奏が聴けてラッキーでした。
何だか、気分転換にもなってとてもリフレッシュできました。
さてと、もう一頑張りしますよ!!

c0016913_1995848.jpg

c0016913_19101545.jpg

[PR]

by u-och | 2006-08-30 19:11 | Music | Trackback | Comments(2)
2006年 05月 01日

コワン・キ・ソンヌ

先週の土曜日、
午前中は建て主候補の方と事務所で面談。
午後は経堂の古川さん設計の住宅の見学会に。
そして夕方、家の近くにある、コワン・キ・ソンヌに
ミニコンサートを聴きに行ってきました。
コワン・キ・ソンヌは20年ほど前に竣工した
建築家黒沢隆設計の共同住宅です。
最上階はピアノ教室になっていて、
娘もこのピアノ教室に通っています。
今回、この間の発表会でチェロを演奏してくれた
ロバン・デユプイーさんと
ピアノの兼子先生との協奏によるミニコンサートがあるというので
事前にカミさんが申し込んでおいてくれました。
ピアノ教室のある最上階はボールト天井で
東側のfixのガラスは斜めになっていて
空が見えるようになっています。
ヒューマンスケールなとても居心地のよい空間です。
音楽教室なのでコンサートホールのように響くようには造られていませんが
それでも間近で効いているので弦のこすれる音
ロバンさんの息づかいまでも聞こえて、とても迫力がありました。
バッハの「無伴奏協奏曲第3番」、バッハの「アリア」、ショパンの「ラルゴ」
ラベルの「ハバネラ」、プチーニの「誰も寝てはならぬ」
休憩を入れて後半はパガニーニの「ロシーニのテーマによる一弦の変奏曲」
そして、大作のコダイの「無伴奏チェロソナタ」
と聴かせて頂きました。
いやあ、ジーンときましたよ。
その後のパーティーでデユプイーさんに握手してもらいました!
音楽っていいなあ!!

今年の目標の「楽器演奏を始める」の楽器も
方向が決まってきましたゾ!!
c0016913_18585563.jpg

[PR]

by u-och | 2006-05-01 18:59 | Music | Trackback(7) | Comments(6)
2005年 12月 07日

たま

CDを整理していたら
「たま」のCDが出てきた。
「たま」とは20年ほど前
「さよなら人類」という曲で一世を風靡し
彗星の如く消えていった不思議なグループの名前だ。

More 土曜日の深夜・・・
[PR]

by u-och | 2005-12-07 23:17 | Music | Trackback | Comments(9)