<   2005年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2005年 02月 28日

伊丹十三推薦のラーメン屋

渋谷のNHKの近くに用事があったので
まだあるかなと思ってのぞいてみると
無事に営業していました。
どんどんお店がなくなっていく中で
無事に営業していてくれて
なんだか嬉しくなりました。

今から、25年くらい前
伊丹十三が映画監督を始める前
「モノンクル」という不思議な雑誌を発行していたことがあります。
執筆陣は精神科医の岸田秀とか小此木啓吾とか福島章といったそうそうたるメンバー
寺山修司も寄稿していてとっても不思議な魅力的な雑誌でした。
ところが時代の先を行き過ぎていたのか
数号出したところで、あっという間に廃刊になってしまったのでした。
今出したら売れるかもしれないなあ。

確かその雑誌の中の対談でこのお店のことを話していたのだと思います。
「Charie's House」の「チャリー湯麺(トンミン)」
トッピングが別の皿にのっていて、麺は細くてあっさり味のスープ。
当時はあっさり味がちょっと物足りなかったような気がします。
今だったら、結構お気に入りになりそうです。
この日は昼御飯には早すぎる時間だったので
お店の確認をしただけでしたが、
今度は「チャリー湯麺(トンミン)」を
久々に食してみようと思います。

伊丹十三は、
このお店が契機になってラーメンに興味を持ち
映画「たんぽぽ」を撮ったのかもしれませんね。

c0016913_2121839.jpg
[PR]

by u-och | 2005-02-28 21:22 | Food | Trackback(2) | Comments(5)
2005年 02月 23日

ザ・ホワイトハウス

連続もののテレビドラマはほとんど見ませんが
毎週楽しみにしている番組があります。
NHKBSで毎週火曜日午後10時から放送している
「ザ・ホワイトハウス」
です。


アメリカのホワイトハウスを舞台に
大統領とそのブレイン達の廻りに起こる出来事が
同時進行的に展開していきます。
今週そして来週はスリリングな展開で見逃せません。

声優として出演している夏木まりの声がとてもクール。
大統領役マーティーン・シーンの吹き替えは小林薫で
とても渋く決めています。
どうやって撮っているんだろうと思う不思議なカメラワークもあり
制作者たちの意気込みも伝わってくるような気もします。
でも、そんなことは抜きにしても、とても面白いドラマです。

この日だけは万難を排して
TVの前に座りたいと思っております!
とても上質なTVドラマです。
見ていない方、お薦めですぞ!
[PR]

by u-och | 2005-02-23 21:38 | TV・cinema | Trackback | Comments(3)
2005年 02月 21日

節分 その後


ヒイラギの枝の先に鰯の頭をさして
魔よけにするという風習を
最近あまり見なくなりました。

「鰯の頭も信心から」
なんていう諺の語源も危なくなってきました。
そんな折り、先日近所でその「魔よけ」を発見しました。
それも立派な門の正面にガムテープでくっつけてあります。
家人の人達は脇の通用門から出入りして
この門は開かずの門になっているようです。
門の正面というところも大胆ですが
ガムテープっていうところが見た目にどんなものかと・・
それも、去年の残骸の枝の先も残っているし、
更にその前の年のであろうガムテープの残骸までも残っています。
これってどんなものでしょうかねえ?

大きなお世話ですね

c0016913_1831257.jpg
[PR]

by u-och | 2005-02-21 18:31 | Landscape | Trackback | Comments(2)
2005年 02月 19日

サレジオ学園

先日、雑誌ニューハウスの「良質空間探訪」の取材に
家づくりの会のメンバーと
小平市にある「東京サレジオ学園」に見学にいってきました。
この施設は親から暴力をふるわれたり、
育児拒否された子供達
小学生から高校生まで101名の子供達(男子のみ)が
中庭を囲むように建てられた8つの舎で
共同生活をおくる児童養護施設です。
慈愛溢れる理事長と
設計者の元・坂倉建築研究所の藤木さんから親切に解説をうけました。

養護施設といっても子供達は皆身体的には健康で、
でも「心」が親からの虐待をうけてとても傷ついているのだそうです。
子供達には勿論会っていませんが、
子供達の許可の元、彼らの部屋をいくつか見せて戴きました。
入園したての子供の部屋はその子の心的風景を見るように
「ガラン」とした殺風景な部屋です。
本棚にぽつんと置かれたぬいぐるみが
何故かとても悲しく見えてしまいました。

親はいつでも自由に面会に来られるそうですが
入園後、親元に帰っていけるのは
全体の五分の一にもならないのだそうです。
それでも、こんなに素敵な環境の中で
理解ある職員の方々と暮らすより
どんな暮らしであっても
「親と暮らせるのが子供にとって一番の幸せです」
という理事長の言葉がとても切なく聞こえました。

子供の数は年々減っていくのに、
虐待される子供の数は年々増えているのだそうです。
何だかとても悲しい話です。

その晩、家に帰って
子供達の頭をくりくりなでてやりました。

c0016913_16441420.jpg
[PR]

by u-och | 2005-02-19 16:47 | Architecture | Trackback(1) | Comments(4)
2005年 02月 18日

勝手に認定保存住宅

出来れば、いつまでもそのまま残っていてほしい
そんな古い住宅をご紹介します。

うちの事務所の近くにこの洋館はあります。
推定築50年以上、外壁は下見板ペンキ塗り
窓は勿論木製で、それもなんと上げ下げ窓です。
屋根の軒の出が少ないのに外壁が思ったより痛んでいないのは
頻繁に外壁のペンキ塗りのメンテをされているからのようです。

何故かこの家の前を通ると
「あーる晴れた日に」と
「蝶々夫人」の歌が出てきてしまうのです。

c0016913_1783364.jpg
[PR]

by U-OCH | 2005-02-18 17:10 | Architecture | Trackback | Comments(6)
2005年 02月 17日

通勤経路に梅ヶ丘の羽根木公園があります。
名前の通り
丘の上に「梅園」が広がる世田谷の梅の名所になっています。
本日、曇り空の中で
部分的には花が開いている木々もありますが
全体的にはまだ三分咲きといったところです。

昨日は冷たい雨も降って冬に逆戻りという天気でしたが
今日は穏やかな暖かな陽気
三寒四温という感じで春は着実に近づいているんですね。

来週週末が見頃かな。

c0016913_16164084.jpg
[PR]

by u-och | 2005-02-17 16:19 | Plant | Trackback(1) | Comments(2)
2005年 02月 16日

宮部みゆき著「日暮らし」

「日暮らし」がとても面白い。
一つ一つの話も勿論面白いけれど
小説の構成がまた優れていて
ひとつひとつが完結した短編集の形式をとりながら
最後の「日暮らし」の章で
それぞれの短編に登場した人々が全員再登場して
その関係が明らかになり
一つの大きな謎が明かされるというミステリー時代小説なのであります。
本の帯に「読み終えるのが勿体ない」とありますが
まさに、その通りなのであります。

でてくる人々もしっかり描かれ
宮部みゆき特有の暖かな眼差しがあり
読後感も清々しい。
週末に読む「たのしむ本」としてお薦めなのであります。

そしてまた
同心「井筒平四郎」とおいの「弓之助」が活躍する
前作「ぼんくら」を読めば
「日暮らし」の中でよく話の出る
「鉄瓶長屋」のいきさつが判る
という仕組みにもなっているのであります。
そして不思議なことに
「ぼんくら」を読むとまた「日暮らし」を読みたくなってしまうんだなあ。
面白い本ですよ!ホント
c0016913_16191719.jpg
[PR]

by u-och | 2005-02-16 16:21 | Book | Trackback(3) | Comments(3)
2005年 02月 14日

コメントの仕方(パスワードについて)

この「exiteブログ」に引っ越してから
コメントを戴くのは「exiteブログ」の方々からが多いなあと思っていました。
そんな折り
「コメントを書きたいけれど、パスワードがあるようなので教えてください」
とのメールを戴きました。

「exiteブログ」にログインした状態で
よその方のexiteブログにコメントを書くときにはパスワード欄がないので
パスワードが必要だとは全く気づきませんでした。

確かに、コメント欄をクリックするとパスワードを入力する欄があります。
でも、特に私の方ではパスワードは発行していないのです。
このパスワードは
コメントする方がご自分の好きな数字を入力すればOKのようです。

もしかして、
コメントしたくてもパスワードがあるので出来ないと
思われていた方が他にもいらっしゃるのかなあ。
というわけで、パスワードはご自分で決めるものなので
どんどんコメントしてください!
お待ちしています!!
[PR]

by u-och | 2005-02-14 12:17 | Blog | Comments(6)
2005年 02月 08日

世田谷線

事務所の最寄り駅は世田谷線「松陰神社前」駅です。
吉田松陰のお墓がある松陰神社が近くにあるので
そのまま駅名になっています。
この世田谷線は全部で10駅しかなく
電車も2両連結のちいさな電車です。
それでも、東急田園都市線、小田急線、京王線の駅とそれぞれつながっているので
結構便利な電車でもあります。
駅名も「三軒茶屋」「西太子堂」「若林」「松陰神社前」「世田谷」「上町」
「宮の坂」「山下」「松原」「下高井戸」とそれぞれに風景が浮かぶような駅名です。

実はこの電車、6年前の平成11年に全車両がリニューアルしました。
昔の電車は冷暖房なし、ワックスがけの木の床
せっかく低いホームなのに電車のフロアが高いので
電車内の急な階段を2段のぼって乗るという
よく事故が起きなかったなあと思うようなかなりレトロな電車でした。
そして、6年前低いホームの利点を生かした
現車両が導入されたのです。
エレベーターもエスカレーターも必要ない駅のホームから
直接乗れる電車になりました。
バリアフリーという意味では一番後ろを走っていた電車が
突然トップバッターになったような感じです。
車掌さんも若い女性になって、なんだか華やかな感じです。

機会があったらぜひ一度!
時間が止まったような
のんびりした気分が味わえますよ、きっと。

c0016913_21191449.jpg
c0016913_21194655.jpg
[PR]

by u-och | 2005-02-08 21:24 | Landscape | Trackback(1) | Comments(1)
2005年 02月 03日

節分

今日は節分です。
そして明日は立春。
まだまだ寒いけれど、
暦の上では明日からもう春です。
そういえば家の庭のラッパ水仙が
もうすでに芽を出していました。

今日は早く家に帰って
豆まきに参加しようっと!

c0016913_1344632.jpg
[PR]

by u-och | 2005-02-03 13:06 | Plant | Trackback | Comments(4)