<   2005年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2005年 07月 30日

続・夏空

c0016913_0521384.jpg


この写真を撮っていたら
「かあさん、ぼくのあの帽子いったいどこにいったんでしょうね」
なんていう昔の角川映画のキャッチコピーが頭に浮かんできました。
知っているかな、このコマーシャル。
うちの事務所のスタッフたちはきっと知らないだろうな。

「麦わらの帽子線路の上にあり」
[PR]

by u-och | 2005-07-30 00:53 | Landscape | Trackback | Comments(6)
2005年 07月 29日

自転車に乗って

c0016913_1411129.jpg


世田谷や杉並といった
事務所や家の近くの現場がいくつかあります。
そういった近くの現場は
もっぱら自転車にのって現場に行きます。

この上野毛の現場も事務所から自転車で30分弱の距離。
真夏日でも緑陰のある裏道を通っていくと
気分転換にもなるし
とても気持ちがいいものです。
[PR]

by u-och | 2005-07-29 14:11 | Works | Trackback | Comments(4)
2005年 07月 28日

夏空

c0016913_13591577.jpg


台風は東にそれて大きな被害もなく何よりでした。
そして台風一過、
突然真夏がやってきました。
[PR]

by u-och | 2005-07-28 09:43 | Weather | Trackback(2) | Comments(5)
2005年 07月 26日

台風7号

c0016913_1612010.jpg

台風7号が関東地方に接近しています。
太平洋高気圧の勢力が弱いので
通常この時期には西に進路をとる台風が
関東地方上陸の進路になったそうです(昨日の天気予報で解説していました)
東京23区には強風・大雨・洪水警報そして
雷・強風・波浪・高潮注意報がでています。
深夜12時にはつくば市付近を通過
東京近郊は今日の午後9時くらいが大雨のピークだそうです。

現場は台風に備えて養生が大変です。
ご苦労さまです。
台風の備えといえば、
うちの事務所も打ち合わせ室にかかっているスダレを
風に飛ばされないようにまるめて結わえておきました。

皆さんも十分にお気をつけてください。
[PR]

by u-och | 2005-07-26 16:13 | Weather | Trackback | Comments(0)
2005年 07月 26日

クールビズ

事務所の床は檜の無垢板が張ってあります。
湿気の多いこの時期でも
無垢の床板はさらっとしてとても気持ちがいいのです。
そして、無垢板とくればやはり素足。
素足で仕事ができるって、設計事務所ならではかも。
お客様にはスリッパをお出ししますが
ほんとは素足の方が気持ちいいんですよ。
お客様には失礼して
この時期、スタッフたちもみな素足です。

c0016913_071681.jpg
足をお見せして
大変失礼しております!
[PR]

by u-och | 2005-07-26 00:11 | Blog | Trackback | Comments(6)
2005年 07月 22日

カブトムシその後

あのあと、毎晩のように羽化して
今日現在4匹が出てきました。
六匹お世話していたので
残るはあと二匹。
四匹の内訳はオス二匹にメス二匹。
なんだかうまい案配です。

ところが昨晩大きな虫かごを買ってきて
緊急避難的に入れておいた
小さな虫かごから移動させようとしたところ、
土に潜っているはずのメス一匹が見あたりません!
脱走したようです。
家の中にいるはずですがまだ見つかりません!
どこに行っちゃたんだろう・・

c0016913_21152640.jpg
[PR]

by u-och | 2005-07-22 21:16 | Family | Trackback | Comments(6)
2005年 07月 20日

出たあー

出ました。出ました
ついに出てきました!
あんまり出てこないので全滅かと心配しておりました。
カブト虫の話です。

幼虫がさなぎになって順調に成長しているはずが
カブト虫になってなかなか土から出てきてくれなかったのです。
「もうとっくに出てきた」という声を聞くたびに
うちはどうしたんだろうと、かなり心配しておりました。

ところが、昨晩の12時過ぎ
寝ようと思ってトイレに向かったところ
玄関の廊下になにやら黒い固まりが!
はじめはゴキブリかと思いましたが
よく見るとカブちゃんがひっくり返ってじたばたしておりました
玄関においてある飼育箱の隙間から脱走してきたカブト虫でした!

お世話してきたカブちゃんだけにひとしお可愛らしく感じます。
手を出すとしっかりつかまってきます。
他のカブト虫も脱走しないように
箱と網の隙間をしっかり補強して
出てきたカブト虫をプラスチックの飼育箱に移動させました

翌朝、小3の次男に見せるととっても喜んでいました。
なかなか出てこないので心配したものね
でもそのカブト虫はというと
飼育箱に敷いた土の中に潜って
顔を見せてくれないのでした。
土の中から出て来た途端に
ひっくり返ってじたばたしていたので
その気持ちが判らないではありませんが・・・

写真はもうじき土の中から出てきそうな別のカブト虫。

c0016913_21511772.jpg
[PR]

by u-och | 2005-07-20 21:52 | Trackback | Comments(0)
2005年 07月 16日

仏式の地鎮祭

地鎮祭は神主さんを呼んで
神式でやるのが一般的ですが
キリスト教式や仏式でやる場合もあります。
先日の地鎮祭は建て主の奥様の御実家が浄土真宗のお寺ということで
お父さんがいらっしゃって地鎮祭を行いました。
お清めのお経を上げていただき、
工事の無事と建物の無事の完成をお祈りしました。

式の始まる前にお説教をいただきました。
仏様から見ると人間は臭いので
その臭いをけすために香木を焚くのだそうです。
だから、香木を火にくべるときは
別にお祈りをしないで
ただくべればいいのだそうです。
それに「ろうそく」は白いものと思っていましたが
浄土真宗ではろうそくは初七日を過ぎれば
常に赤いろうそくなのだそうです。
赤いろうそくは仏教本来のきらびやかさを表しているようで
遠くインドを思ってしまいました。

さっぱりとした、でも心のこもった地鎮祭でした
c0016913_19582041.jpg

c0016913_19592447.jpg
[PR]

by u-och | 2005-07-16 20:04 | Works | Trackback(2) | Comments(4)
2005年 07月 12日

ER

中一の娘がソフトボール部の部活中に
ボールが目にあたって負傷したと学校から連絡がありました。
本人が痛がっているので病院につれて行こうにも
家に帰ってきたのは6時半をすぎているので
どの目医者もすでにしまっています。
カミさんが家の近所の大学病院に連絡をしたところ
眼科の担当医がいるということで
僕の運転でカミさんと娘でその大学病院にいってきました。

救急病棟はまるでTVドラマ「ER」の世界です。
両親に支えられて、お腹を痛そうに押さえている高校生の女の子。
道で転んだのか、手足をすりむき鼻血を出している若い女性。
救急車で運ばれてきた意識不明のおじいさん。
そんな中で救急病棟の医者や看護婦さんたちがてきぱきと働いています。
「脳外科でCTスキャンが必要!」という緊迫した伝言が伝わる中で
日本語の全く話せない外国人が外の待合いで
「いつまで待たせるんだ」と英語で怒っているという話が入ってきます。
すると、年配の看護婦さんがつかつかとその外国人の元へ・・
「英語しゃべれるんだっけ?」という声を背に
その看護婦さんは堂々と「鹿児島弁と標準語しかできないわよ!」
その後、治療室に入ってきたその外国人は穏やかな表情をしていたから
きっとその看護婦さんうまく慰めたんですね。
うーん、さすがです。
さて、娘はというと
検査の結果、眼球に少し傷が付いているけれど
網膜にも他にも特に異常は見られないということで
目薬だけもらって帰りました。
あーよかった!
[PR]

by u-och | 2005-07-12 23:14 | Family | Trackback | Comments(14)
2005年 07月 08日

チャーシュー

c0016913_21342328.jpg

設計仲間のひなよしさんが教えてくれた
チャーシューのレシピ(kyoco-chanさんのブログ参照)で
ぼくもつくってみました。
とても簡単でさっぱりチャーシューの出来上がりです。
和辛子をつけて食べるとおいしさ倍増です。
ビールがとってもすすみました!

ひなよしさん、kyoco-chanさんありがとう!
皆さんもお試しあれ
[PR]

by u-och | 2005-07-08 21:36 | Food | Trackback(1) | Comments(5)