続・U設計室web diary

uoch.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2006年 07月 25日

江戸っ子

通勤途中で見つけた床屋の張り紙。
ひらがなが多いからか、「ごめんなさい」が効いているのか
「ゆっくり休んでいいからね。もうそんなに気を使わなくてもいいから・・」
と思ってしまう張り紙。
「やすませて」ではなくて「やすまして」という東京弁も
素朴な感じを増しているのかも。

「江戸っ子だってねえ」
「笹塚の生まれよ!?」
c0016913_919964.jpg

[PR]

by u-och | 2006-07-25 09:20 | Landscape | Trackback | Comments(6)
2006年 07月 19日

塩小売人

京王線明大前駅の近くで珍しい看板発見。
塩小売人の資格看板です。
少し前まで、塩もタバコも
専売公社が管理していたのですものね。
気付かなかったけれど
昔はどの小売店にもこの看板があったんですね。

c0016913_20273030.jpg

[PR]

by u-och | 2006-07-19 20:35 | Landscape | Trackback | Comments(0)
2006年 07月 13日

気持ちのいい場所

私の席から見える路地の突き当たりに
たいてい午前11時頃にやってくる野良ねこ。
マンホールの上で優雅に寝そべり
気持ちよさそうにウトウトと居眠りして
知らない間にいなくなっている。
大木の木陰になっていて、
風が抜ける気持ちのいい場所なんでしょうね。
猫はほんとに気持ちのいい場所を知っている!!

でも、いくら気持ちのいい場所でも
路地のマンホールの上では人間はお昼寝出来ませんね!

c0016913_2172352.jpg

[PR]

by u-och | 2006-07-13 21:12 | Animal | Trackback | Comments(4)
2006年 07月 12日

講座のお知らせ

7月30日(日)杉並区阿佐谷の商工会議所で家づくりの会の建築家
山本さん、田中さんと3人で講座を行います。
お気軽においで下さい

お申し込みは家づくりの会へお願いします

《安心・安全で確かな住まいづくり》
-講座内容-
●基礎知識編
・工務店・ハウスメーカー・建築家 それぞれの特徴と注意点→落合雄二
・初打ち合せから完成までの日程 工期・建て主の役目役割→山本ミヤ子
・工事費と安全な予算組 坪単価・ローコスト・諸費用→田中ナオミ
●実例講座編
・自然素材の家づくり→落合雄二
・高齢者のバリアフリー住宅→山本ミヤ子
・家族の希望の実現→田中ナオミ

【日時】7月30日(日曜日)13:30~17:00
【会場】産業商工館
【参加費】500円/一人
【後援】杉並区
[PR]

by u-och | 2006-07-12 19:47 | Link | Trackback(3) | Comments(6)
2006年 07月 08日

ギャルサー

基礎のコンクリート打ちに立ち会いました。
なんとミキサー車を運転してきたのは20代と思われる女性。
2台目もやはり女性の運転手。
着飾った女性も美しいけれど
こういうところで働く女性も美しいですね!

それに何だか、職人さんたちの働き具合も
いつになく力が入っているようで
監督までも力仕事に精を出してくれました!!
暑い中、ほんとにご苦労様です。感謝!
c0016913_18181668.jpg

c0016913_18183813.jpg

[PR]

by u-och | 2006-07-08 18:19 | Works | Trackback | Comments(12)
2006年 07月 03日

魔法のフライパン

「魔法のフライパン」がついにというか、ようやく届きました!
注文して1年半、フライパンは「忘れた頃にやってきました」
小さな町工場で職人さんが手づくりでつくっているので
時間がかかって仕方のないことですね。

さてそのフライパンはと言えば、
うちのカミさん曰く
「凄い!すぐれもの!!」なのだそうです。
まず焦げ付かないし、
均一に熱が伝わるので一部だけ焦げるといったこともないのだとか。
私も昨日餃子の焼きに挑戦しました。
油を少なめにひいても、餃子はきれいに焼けました!。
さすが魔法のフライパン。
今度はパラパラチャーハンに挑戦してみますよ!
c0016913_2055794.jpg

[PR]

by u-och | 2006-07-03 20:06 | Thing | Trackback(1) | Comments(16)
2006年 07月 01日

刻み場

先日、大工さんの刻み場に行ってきました。
最近は「プレカット」といって、工場での機械刻みの工務店が多いのですが
この工務店は大工さんが手で刻んでくれています。
刻み場は材木屋さんの下小屋を借りて行っているので
埼玉の材木屋さんに行ってきました。

監督を交えて、大工さんからのひとしきりの質問を終えると
材木屋さんの社長がコーヒーをご馳走してくれました。
刻み場で材木屋さんの社長が「今度はこんなのを使って下さい」と
大黒柱に使う大径木のりっぱな欅の木や
銀杏の木など何十年もストックしている木を見せてくれました。

ウーン、この感じ、どこかで味わったことがあるなあ。
そうだ、モロッコに行ったときの絨毯屋の雰囲気に似ているのです!
飲み物を飲みながら目の前に立派な絨毯(木材)が次々と並べられる。
でもここはモロッコの絨毯屋さんではなく所沢の材木屋さん。
扉を閉められて誰かが絨毯(木材)を買うまで解放してくれない
なんてことは勿論ありません!
というか、もうすでに材木は購入済みでありました。

上棟の前に、実際の材料を見られるのって楽しいですね。
c0016913_17503516.jpg

c0016913_17504851.jpg

[PR]

by u-och | 2006-07-01 17:51 | Works | Trackback | Comments(2)