続・U設計室web diary

uoch.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2009年 07月 29日

ケジメのつけ方

コロンボ「一ついいですか?あれがうまくいかなかったら、マクベイを殺しましたか?」
マフィアのボス「何故そんなくだらないことを聞くんだ。成功したじゃないか。さあ、一杯やろう」
コロンボ「せっかくですが」
マフィアのボス「もう時間外だろう」
コロンボ「時間外ですが、わたしにゃカミさんの豆のスープがいい。・・あんたは違う」
マフィアのボス「・・・OK。チャオ!」
コロンボ「イタリア語でさよならですね」
マフィアのボス「・・・そうだよ。・・元気でな」

例のおんぼろマイカーに向かいながら片手を上げて
コロンボ「チャオ!」

TVドラマ「コロンボ」の一場面
殺人犯人を上げるためにマフィアと協力し合ったコロンボが
事件解決後にマフィアのボスから祝杯に誘われる場面です。

ここで誘いに乗ってしまうと、
マフィアと深い繋がりが出来てしまうという
刑事人生の岐路にたつ場面。
でもコロンボはカミさんの料理を引き合いに出して、あっさりと断ってしまう。
イタリア系のコロンボにとって「チャオ」はよく知っている言葉なのに
「イタリア語でさよならですね」と更に断りの念押しまでして。


うーん。さすがコロンボ。
とぼけた断り方ながら、きっぱりと断固として完膚無きまでに断る。
「やるなあ、コロンボ」とTVを見ながら一人つぶやいてしまいました。
[PR]

by u-och | 2009-07-29 12:53 | TV・cinema | Trackback | Comments(2)
2009年 07月 22日

上棟式

「いやー、なんか悪いナー」
「ま、いいんじゃないですか。このパターンが多いみたいだし」
先日は青葉台の家の上棟式。
私と建て主さんとの会話です。

職人さん達は車の人が多いので
上棟式でお酒を飲む人は少ない。
でも、年配の職人さんは若いモンに運転させて
上棟式でお酒を飲む人もいる。
だから、お茶だけというわけにもいかないのだが・・・

この現場の上棟式には若い大工さんばかり10人ほどが集まった。
(2人ほど中年の方もいらっしゃったが)
皆、イケメン。
そして全員が車。
現場までは2.3台の車で一緒に来ているが
それぞれ自分の車で帰るのだという。
工務店の社長も車。
建て主さんも車で来られて
奥さんはペーパードライバだからとお酒は駄目。

結局、この上棟式でお酒が飲めるのは
電車で来た私とスタッフのSだけ。
皆さん汗かいて仕事をしたあとに
ビールが飲みたいだろうに
この場でビールを飲むのは私とスタッフSだけ。

「何だかホントに悪いナー」なんていいながら
遠慮しながら飲んでいたはずなのに
建て主さんや工務店の社長につがれるままに
二人で缶ビールを6本も開けてしまいました!
大工さん達に申し訳ない!!!

最近の上棟式でビールを飲んでいるのは
結局うちの事務所だけというパターンが多い。
みんな飲まないんだったら、上棟式はビールなしでいいですねー

ps:
ちなみに今日は皆既日食。でも天気はあいにくの雨のち曇り。
それでも雲間から月に一部を隠された太陽が肉眼で確認出来ました!
次に日本で見られる皆既日食は26年後とか。
その頃まで元気でいたいですねー
ね、ご同輩。
[PR]

by u-och | 2009-07-22 13:30 | Works | Trackback | Comments(6)
2009年 07月 14日

第11回 杉並家づくり講座

毎年恒例の杉並講座を下記のように行います。
家づくりを考えている方々、
是非おいでください

第11回 杉並家づくり講座

「家づくりの心構え」ー家づくり成功の秘訣ー7月26日(日曜日)

家をつくるという決断には、それぞれの家庭にそれぞれ異った理由があると思います。
それでも家づくりの心構えには共通している部分がたくさんあります。
家をつくるにあたって、建て主としてどんな心構えが必要なのか? 
建て主として知っておきたい家づくりのスケジュールのことや、
建築家・ハウスメーカー・工務店といった依頼先による心構えの違いなど
実践的な知識をお話しいたします。 

実例編では3人の設計者が「家づくりで大切なこと」を実際の写真を元に詳しくお話し致します。 
合わせて、家づくりに関する疑問質問にお答えするなど、
これから住宅を建てる方に役立つ最適のセミナーです。

講座内容

 基礎知識編
  ☆ 家づくりの心構え     ・・・・ 落合
  ☆ 建築家・ハウスメーカー
      工務店はどう違う?  ・・・・ 山本
  ☆ 家づくりのスケジュール  ・・・・ 荒木

 実例講座編
  家づくりで大切にしていること
  ☆ 居心地・長持ち・街並み・環境・・ 落合
  ☆ みんな仲良く暮らす    ・・・・山本
  ☆ 家族の場          ・・・・荒木
 
【主 催】 NPO法人 家づくりの会
【後 援】 杉並区
【日 時】 平成21年7月26日(日曜日)午後1時半〜5時
【会 場】 産業商工会館 地下1階 第1集会室 
      杉並区阿佐谷南3-2-19 電話 03-3393 - 1501
【講 師】 落合 雄二
      荒木 毅
      山本ミヤ子
【申込先】 NPO法人 家づくりの会 (電話・fax・メールいずれか)
       電話 03 - 5360-8061 (月〜土曜午後1時〜5時受付) 
       FAX 03 - 5360-8062 
MAIL: info@npo-iezukurinokai.jp
     

【参加費】 500円(資料代)当日会場にて受付
【定 員】 30人(受付先着順) 
[PR]

by u-och | 2009-07-14 12:45 | Seminar | Trackback(2) | Comments(0)
2009年 07月 10日

「あきらめない」力

5日の日曜夜はウインブルドンテニス男子決勝。
ロジャー・フェデラー(スイス)とアンディ・ロディック(米)の対決。
フェデラー優勢の予想を裏切ってロディックが大健闘。
どちらが飼っても誰も文句の言えない大接戦となりました。

第1セットは7.-5でロディック。
第2セットはお互いにサービスゲームをキープしてタイブレークに。
ここでもロディック優勢で6-2となりセットポイントまであと1ポイント。
でもここからフェデラーがなんと6ポイント連取して
逆転で第2セットをとり、セットポイント1対1のタイに。
第3セットは7-6でフェデラー。
ここまで来ると、第4セットをフェデラーがとって
すんなり優勝かと思いきや
ロディックが踏ん張り、フェデラーのサービスゲームをブレイクして
6-3でこのセットをとりセットポイント2-2に。
フェデラーがロディックのサービスゲームをブレイクしたのはこの試合ではゼロ。
いかに王者フェデラーといえど、試合の流れはロディック。

さて、最終セット。
最終セットはタイブレイク方式はなく決着が付くまで試合を行うデスマッチ。
ロディックが何度もフェデラーのサービスゲームをブレイクしそうになり
あと一歩でチャンピオンになりそうだったのに、
おそらく誰もが今回はロディックが優勝だなと思っていただろうに
なんと優勝したのはフェデラー。
初めてきたブレイクチャンスをものにして
16-14でこのセットをとり優勝したのです。
1セット30ゲームという、このセットだけで1試合になりそうな大試合。
試合時間4時間18分、ウインブルドン史上に残る大接戦の名試合でした。

それにしても、フェデラーの精神力は凄い。
おそらく「もう駄目だな」と思った瞬間に
勝利の女神はロディックの方にいっていただろうに
何度も何度も危機を乗り越え、少ないチャンスを確実にものにしての優勝。
ほとんどの人が今回はロディックが優勝と思っていただろうに
自分を信じて、あきらめないフェデラーが逆転優勝。
「自分を信じる」力の強さを見せつけられてジーンと感動してしまいました。

試合が終わったのは夜の2時半ころ。
翌日月曜日は朝から講習。
午前中はまだしも、昼食後講義を聞いていて、
一瞬ふっと意識が遠ざかったことは言うまでもありません(^^):
しょうがない奴!
その日は早く眠りました
[PR]

by u-och | 2009-07-10 12:13 | TV・cinema | Trackback | Comments(2)