<   2009年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2009年 10月 29日

ポスト

北上尾の現場の近くでスタッフが見つけた変わったポスト。
プロパンガスのボンベを転用したポストです。
可愛いけれど鎖で繋がれているのが少々可哀想。

公共ポストと間違えて手紙を投函する人は・・
いないですよね
c0016913_1641154.jpg

[PR]

by u-och | 2009-10-29 16:04 | Landscape | Trackback(1) | Comments(2)
2009年 10月 26日

設計者冥利

先日は経堂の家の点検。
引っ越しされて1〜3ヶ月たって落ち着いたころに
工務店の監督と一緒に点検に伺います。

これから寒くなるので床暖房屋さんにも来て頂いて
タイマーの設定の方法などを説明してもらいました。
(説明書も勿論ありますが実際に説明してもらった方が頭に入りますものね)

完成して引き渡しの時もたいていお礼を言って頂けるのですが
でも一番嬉しいのは、
住んでみて、いろいろな居心地の良さを体感してもらってからのお礼の言葉です。

この日も
「とても快適に暮らしています。気持ちの良い家を設計していただきありがとうございます」
なんて言っていただき恐縮至極です。
でもこの瞬間が設計者冥利につきる時なんですよね。

今設計中の家もいい家になるように、気合い入れて頑張りますよ!
c0016913_13404698.jpg

[PR]

by u-och | 2009-10-26 13:41 | Works | Trackback | Comments(0)
2009年 10月 20日

美登利回転寿司

梅ヶ丘美登利寿司といえば、ネタの新鮮さと大きさ
そして値段の安さで知られている
いつも長蛇の列が出来ている人気の鮨屋。

並んで食べる根気はないので、最近はまったく行っていないが
スーパーオオゼキにデリバリーの出店があるので
たまにお昼ご飯に買って食べている。

ところが最近オオゼキで
美登利寿司の回転寿司店を発見!
板さんが二人いて勿論注文すればその場で握ってくれる。
なんと一番安いものは一皿105円!
勿論、本店で食べるものとは全く違うが、お昼ご飯にはちょうど良い値段。

鯵に鰯に小柱、大名鯖にマグロの漬け、エンガワに鰻、
そして136円の潮汁を飲んでもうお腹一杯。
これだけ食べて1060円でした。
土曜日ともあって、周りのおじさん達はお昼なのに生ビールを飲んでいる。
しかし打ち合わせが控えている身としてはグッと我慢。


近くに行ったら、またお昼ご飯食べに行こうっと。
その後に打ち合わせがなければ、ビールも飲んじゃおうかナー
c0016913_1744429.jpg

[PR]

by u-och | 2009-10-20 17:05 | Food | Trackback | Comments(4)
2009年 10月 16日

縁起物

「市川の家」の地鎮祭で
神主さんが持ってこられた海の幸は
コンブを巻いたスルメ。
鯛は「メデタイ」そして昆布は「ヨロコンブ」と
なんとなくお祝い事の品物と判るが
では「スルメ」にはどういう駄洒落が隠されているのか?
いや、もとい。どういう由来が?

なんでもスルメは古来縁起物として扱われ、
結納品の場合には「寿留女」の当て字を用い、
昆布(子生婦)とともに
女性の健康と子だくさんを願う象徴とされているそうだ。

ではスルメが何故縁起物として重用されるのか?

それは、日持ちの良い食品であることから、
「末永く幸せが続く」という説や
室町時代からお金のことを「お足」ということから、
「足の多いスルメ(烏賊)は縁起が良い」という説。

あるいは、スルメは噛めば噛むほど味が出ることから
新しい住まいも味わいの出る家になるようにという祈願と
結婚生活も、永く一緒に暮らすことでこそ味わいが増すという説
(これは今私が考えました!)等々諸説があるらしい。

兎にも角にも、おめでたいことはやはり嬉しいですね!
c0016913_1355588.jpg

[PR]

by u-och | 2009-10-16 13:06 | Thing | Trackback | Comments(0)
2009年 10月 13日

宮崎研修旅行

もう10月も第3週!
一体どうなっているんでしょう?

随分前の話ですが、
9月下旬に家づくりの会の建築家たち10数名で
宮崎のプレカット工場を見学に行きました。
工場見学や東大名誉教授の有馬先生のお話も聞け
宮崎産の杉材の偏見も薄れました。
いろいろと勉強になりましたが、ビックリした物の一つがこの写真。

c0016913_17153965.jpg

この機械は日本で3台とない高価な精密機械で
現在大工さんが手刻みでしか出来ない3次元の複雑な刻みまで
この機械はきれいに正確に迅速に刻んでしまうのです。
おそるべしK3i

また、別のこちらの機械は自分で(勿論プラグラムされているのですが)
最適の刃物を選び
きれいの木材を刻んでいました!
まるで映画「ターミネーター」の世界のよう。
反乱を起こさないことを祈る
c0016913_1716754.jpg

[PR]

by u-och | 2009-10-13 17:16 | Link | Trackback | Comments(0)