<   2010年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2010年 10月 30日

店長体験

先月、事務所の下のカフェが新装開店。
カウンターの中に入れてもらいました!
c0016913_13284034.jpg

[PR]

by u-och | 2010-10-30 13:26 | Link | Trackback | Comments(2)
2010年 10月 21日

ひばりヶ丘の家ー2

西武池袋線沿線には
「保谷の家」「東久留米の家」「ひばりヶ丘も家」などがありますが
先週は「ひばりヶ丘の家ー2」の写真撮影でした。
竣工して2年経ち、「植栽も落ち着いてきました」とお聞きして
写真を撮りに伺ったのです。
建て主の方が仰るように
家と植栽の関係がとてもいい感じになってきました。
写真が出来たら
U設計室のホームページでご紹介します
お楽しみに!
c0016913_17314634.jpg

[PR]

by u-och | 2010-10-21 17:35 | Works | Trackback | Comments(2)
2010年 10月 13日

メタボ

メタボというと今でこそ「メタボリックシンドローム」と
成人病絡みの話になってしまいますが
以前、建築でメタボといえば「メタボリズム」
新陳代謝建築として一世を風靡した建築思潮の一つ。
1960年に黒川紀章や菊竹清訓、大高正人らが成長する都市のモデル案として
世界デザイン会議で発表したものなのでした。

具体的な都市計画の実現はなかったものの
黒川は1972年に代表作・中銀カプセルタワービルで
菊竹は1975年の沖縄海洋博アクアポリスでその具体案をしめしたのでした。

敷地調査で千葉県佐倉市役所を訪れたところ
庁舎はなんだか中銀カプセルを連想させる外観。
もしかしてと庁舎銘板の裏を覗いてみると設計者として黒川紀章の名が。
残念ながら、新陳代謝して新たなカプセルの取り替えや追加もなく
レベル差のある玄関ホールはバリアフリーへの対処のため
デザインに関係なく新たに斜路や手すりが取り付けられていたのでした。

表層の新奇なデザインだけでは共感は得られず
愛着のある建物として
市民からの保存運動も起きないだろうなあと
なんだか寂しく思った千葉県佐倉の午後4時
モズも鳴かない秋の夕暮れだったのでした。
c0016913_1301724.jpg

[PR]

by u-och | 2010-10-13 13:00 | Architecture | Trackback | Comments(4)
2010年 10月 02日

ベスト・マッチ

最近ホッピーが気に入っています

ここでホッピーを知らない人のためにミニ蘊蓄を。
ホッピーは1948年からある、ビアテイストの飲み物で
これ自体はほとんどアルコール分がなく
焼酎(甲類)等を割って飲む飲み物。
低カロリー、低糖質。プリン体0ということで
おじさん達に好まれている健康?アルコール飲料なのです
3代目女性社長(ホッピーミーナ)の奮闘のお陰で業績を大幅に伸ばし
若い女性にも人気の飲み物になってきつつあるようです。

なんて書くと昔からのご贔屓のようですが
実はホッピーデビューは半年くらい前、と新参者なのです
僕のお気に入りは黒ホッピー。
たまたま近所の店で黒ホッピーをみつけ買ってきましたが
問題は焼酎
家には甲種焼酎はないんだなあ。

そこでいろいろ調べてみると
カレーに福神漬けが付くように
黒澤映画に三船敏郎が欠かせないように
U設計室と言ったら落合雄二というように(ホント?)
ホッピーとの相性は「キンミヤ」が最高なんだそうです。
キンミヤとは三重県宮崎酒造の甲種焼酎。
TV「吉田類の酒場放浪記」でもたびたび出てくる焼酎です。

というわけで焼酎「キンミヤ」をAMAZONで手に入れたのでした
(送料込みで1升瓶1848円!)

週末夕飯時のお楽しみはホッピー。
小さな幸せ。
リトル・ハッピネス万歳!

何でもない日に乾杯!!

c0016913_17344280.jpg

[PR]

by u-och | 2010-10-02 17:34 | Food | Trackback | Comments(8)