<   2011年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2011年 02月 17日

大岡山の家

雪のちらつくあいにくの天気でしたが
12日(土)に建て主の方のご厚意のもと
現在設計中の方々や建て主候補の方に声をかけて
引っ越し前の家の内々の内覧会を行いました。

こういう機会が設計中に何度かあるので
建て主の方々も顔見知りになっていて
「あーお久しぶりです。その後どうなったか気になっていたんですよ」
「ご無沙汰しています。落合さんにお願いすることにしました!」
なんていう会話もあったりして面白いですね。
 
完成前でしたが、気持ちよく家を見せて頂いたKさん
ありがとうございます。
寒い中見て頂いた方々も
何か家づくりの参考になるところがあると嬉しいです

c0016913_11521675.jpg

[PR]

by u-och | 2011-02-17 11:52 | Open house | Trackback | Comments(0)
2011年 02月 14日

第14回 家づくりの会 杉並講座

毎年恒例年2回開催の杉並講座(杉並区後援)も
今回で14回目です。
下記の要領で開催しますので
ご興味のある方々是非是非おいで下さい!
十分に元の取れるセミナーですよ!!

「建築家とつくる居心地の良い家」
日時;2011年2月26日(土)
   午後1時半〜午後4時45分
場所:あんさんぶる荻窪
講師:荒木毅・山本ミヤ子・落合雄二
会費:500円/人(資料代)

詳細・お申し込みはこちらへお願いします

「僕は待っとるよ。坂本君!」
(龍馬伝はとっくに終わったのにまだ言っています)
[PR]

by u-och | 2011-02-14 19:47 | Seminar | Trackback(2) | Comments(0)
2011年 02月 11日

化粧

満員電車の中で化粧する女の人をよく見かける
どんな神経をしているのだろうかと思うが
知人にあんな姿を見られたらさすがに恥ずかしいだろうな?
いや、恥ずかしいと思わないからあんなことが出来るのかな?

今回の話はそんなことではなく
井上ひさし中期の傑作芝居
「化粧」を見に行った報告です。

渡辺美佐子の十八番の芝居でしたが
代替わりして今回は平淑恵主演。
この芝居は一人芝居。
旅回り一座の楽屋を舞台にして
1時間半もの間、一人で台詞を喋り衣装を着替え、
舞台化粧をするという役者にとってはとっても大変な芝居。

大笑いしてとっても面白い話と見ていた劇が
実はとてもせつない話だったという
井上ひさし特有のあっと驚くどんでん返しの芝居なのです。

現実の話と劇中劇が錯綜したすばらしい構成と感動的なラスト。
実はこの芝居を見るのは通算3回目。
初めて見たのは確か25年くらい前で
話の大どんでん返しにとても驚いた記憶がありますが
今回は親としての心情にジーンときてしまいました
同じ芝居を見ても
自分の年によって感じるところが違うんですね。
観劇後は少しだけ優しい心持ちを思いだしたり
舞台を思い出すたび目頭が少し滲んだりして・・

劇団四季もいいけれど
井上ひさし劇団「こまつ座」も是非!

c0016913_14415353.jpg

[PR]

by u-och | 2011-02-11 14:41 | TV・cinema | Trackback | Comments(0)
2011年 02月 09日

模型展

新宿オペラシティ1階にある
「木童」ショールームで
家づくりの会の建築家達と「模型展」を行っています
(2月26日まで)
木童の国産床材はU設計室もよくつかっていて
このショールームには栗や栂などの床材が張ってあり
脚触りを実際に体感できます。
ペレットストーブやテーブル甲板なども展示してあります
お近くにお寄りの節は覗いてみてください

詳しくはこちらこちら
[PR]

by u-och | 2011-02-09 13:33 | Link | Trackback | Comments(0)
2011年 02月 07日

句会

2月5日(土)夕方5時から
恒例の釘ん句会が開催された
正月が開けてまだ間もないこともあって参加者は6名とやや少ない。
一人五句の投句だが、
句だけの参加の方も一人いて合計35句の俳句が集まった。

この句を清記して誰の俳句か判らないようにして
清記用紙を回覧して気に入った俳句を五句選ぶ。
俳句を作ることも大事だが
選句もその人のセンスが判る大切な行為。
ちゃんとした句会ではその句を鑑賞し
何故その句を選んだかをしっかり述べなくてはいけないらしい。
この句会では「なんとなくいいと思って・・」で許してくれるけれど・・

今回の兼題は「家」と「火」
五句のうち少なくとも一句づつに兼題を入れて作句しなくてはいけない
ちなみに私が選んだ五句は

バス停に寒風の中母がいて (藤)
葱抜いて火遊びのこと忘れたる (舟)
噴火せり二月五日の大画面 (舟)
炉明かりにいずれの顔も和げり (菊)
三人が頷いている焚火かな (舟)

結果的に先生の句を三句も選んだというのは
私に選句眼があると言っていいのかな?(自慢している)
でも先生が私の句を一つも選んでくれなかったのは残念!

私がつくった句は
三点句「男在り雑煮の餅を七つ喰い」
二点句「浜焚火毬栗坊主砂相撲」
一点句「ろうそくのほのほゆらめき女正月」
無点句「家一つ二つ三つあり里の春」
   「熊手背負い街角で会う去年今年」

次回は4月末
こんどは、前の晩に慌ててつくることのないようにしよう!
[PR]

by u-och | 2011-02-07 18:39 | Hobby | Trackback(1) | Comments(0)
2011年 02月 01日

インフルエンザ

インフルエンザが流行っている。
この1週間、インフルエンザで医療機関を受診した人は
全国で約149万にもいるのだそうだ。
実は先週私もインフルエンザにかかってしまい
数日間休むことになってしまった。
初めは咳が出て、関節が痛くなり、悪寒がして、
風邪をひいたと思っていた。
あったかくして早く寝て直そうと思っていたら、
一緒の会議に出ていた風邪気味だったNさんから
「検査の結果インフルエンザだったので、調子が悪かったら病院に行って下さい。
うつっていないことを祈ります」とのメールが会議出席者全員宛に送られてきた。

会議の前からのどが痛かったので
おそらく普通の風邪だと思うけど、
念のため検査してもらおうと早引きして家の近所の医院にいった。
問診とのどを見てくれた先生は
今年のインフルエンザは若い人に流行っているという。
70歳以上の人は免疫を持っているらしく
インフルエンザにかからない人が多いのだそうだ。
簡易検査で5分くらいで結果が分かるという。

別室に通されて、長い綿棒で鼻の奥の粘膜を採取、検査する。
くしゃみを我慢していたら涙が出てきた。
待つこと2分くらいで看護婦さんが来て、検査結果のインジケーターを見せられた
Aの所にすでにマークが現れていて立派なインフルエンザA型と決定!
先生もマスク姿で現れて「残念ですがインフルエンザです」と告知された
僕が若いという証拠?

その晩38度の熱が出たが、
タミフル効果であっという間に熱は下がり
翌朝は37度2分。
夜には36度4分に下がり、それ以降も熱が出ず、平熱のまま。
タミフルを飲んだら、僕の場合は眠りの浅い夢を見ました。
夢を見て自分でも寝言を言っているのが判る状態。

熱が下がっても2日間は外出しないようにとのお達しを守り、
隔離生活から無事に日常生活に戻って参りました!
家族にもスタッフにも誰にもうつしていないようで
少し安心。


素人判断で普通の風邪と思って寝ていたら
おそらくもっと長引いていたでしょうね
この季節、風邪かなと思ってもインフルエンザかもしれないので
早めの受診・検査をおすすめします。
インフルエンザ初期の方がタミフルは効くのだそうです
[PR]

by u-och | 2011-02-01 16:37 | About | Trackback | Comments(0)