続・U設計室web diary

uoch.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2011年 10月 31日

物見台のある家3

川越の家が先日完成しました。
建て主の方達には物見台が好評で、
この家は物見台のある家3軒目になります。

物見台は勿論いい景色が眺められるということと
煙突効果で
家の中の熱気を外に換気してくれるという効能もあります。

でもなんてったって、物見台でビールなんて最高ですね!
c0016913_16243858.jpg

c0016913_16245894.jpg

[PR]

by u-och | 2011-10-31 16:25 | Works | Trackback | Comments(0)
2011年 10月 24日

土曜日は・・

22日の土曜日は午前中仕事をした後
家づくりの会事務所賃貸契約更新手続きのために千駄ヶ谷に。
そしてそのまま、新宿御苑前にある日本オスモのショールームへ
家づくりの会講座があるので役員として見学してきました。
いろいろと参考になることが聞けました。
自分の家の檜の床も、大掃除の時にでもお手入れしようっと!

家づくりの会事務局のある千駄ヶ谷から
丸ノ内線新宿御苑前までの最短距離は
新宿御苑を横切ること。
雨も上がったので、入園料200円を払って
千駄ヶ谷口から久しぶりに新宿御苑に入ってきました

新宿御苑は信州高遠藩内藤家の下屋敷のあったところ。
江戸の名残を残す大都市の中の広大な公園として
とても素晴らしい環境を造っています。
新宿御苑の近所の方は夏の晴天時の夜放射冷却のお陰で
クーラーなしで快適な夜を送れるという話を聞いたこともあります。

写真だけ見ると都会の真ん中にいるとは思えないですね。
c0016913_15485615.jpg

[PR]

by u-och | 2011-10-24 15:49 | Seminar | Trackback | Comments(0)
2011年 10月 16日

推敲

前回の句会の一句
「先輩の声追いかけている虫の声」

実は
「稽古中秋の夜長の虫の声」
を直してこの句になったのです。

鳴き方の下手な虫が居て
先に生まれた虫の先輩の声をまねして
後輩の虫が鳴き方を習っている
という意味を込めたつもりだったのですが
よくわからなかった方々もたくさんおりました。
ま、へぼだからですが.....
もっと直接に
「先輩の音をまねして虫の声」
だとよかったのかなあ?

先輩を文字通り人間の先輩と思った方々もたくさん居て
ならば、
あこがれの先輩が夜道を自転車に乗って目の前を通り過ぎる
その後をまるで追いかけるように虫達の鳴き声が聞こえる
私も一緒に追いかけたいのだけれど...
という女子高生の作ったような一句も考えられるわけで
「先輩を追いかけている虫の声」

ちょっとましになったかなとも一瞬思いましたが
おじさんが女子高生の気持ちになって考えるというのが
そもそも間違った路線を選んでいますね!
[PR]

by u-och | 2011-10-16 22:48 | Hobby | Trackback | Comments(0)
2011年 10月 13日

第九回釘ん句会報告

句会の報告です
兼題は「傘、笠」「虫」

特選二つの高得点句は麦ちゃんの
「虫時雨手を止め戻る本の国」

私が特選に選んだのは赤さんの
「秋の風コンソメスープ定番に」

私がどんな句を作ったのかといいますと
三点句
「会いたかった傘放り駆けだせば秋」

二点句
「傘がない苅田の中に一人居て」

一点句
「満月に傘を開いて影つくる」
「先輩の声追いかけている虫の音」

結構好きだったのに点が入らなかったのは
「満月に相合い傘の二人かな」

次回も楽しみです!
[PR]

by u-och | 2011-10-13 09:43 | Hobby | Trackback(1) | Comments(0)
2011年 10月 03日

サーチュイン遺伝子

先日、ずいぶん前に録画しておいたNHK特集を見た。
100才近くになっても50M走を走り、
見た目も実際の体力や頭もしっかりとしていて
せいぜい70才はじめにしか見えない人がいる。
「不老長寿」についての番組でした。

そうした人々に共通しているのは
バランスのとれた食事をとり
そして食事の量を腹八分にしていること。
チンパンジーの実験では
同じ食事を与えても、年相応に加齢するチンパンジーと
見た目も実質的な体力も若々しいチンパンジーの二つのグループに分かれた。
その鍵を握るのが「サーチュイン遺伝子」
この遺伝子が活動すると「不老長寿」状態になるらしい。
ではその「サーチュイン遺伝子」はどうすれば活動するのかというと
バランスのとれた栄養をとりながら、
必要なカロリーの30%OFFの食生活を続けることが必要なのだそうだ。
飢餓状態になるとこのサーチュイン遺伝子が目覚め
免疫力を高め、活性酸素の害を防ぎ
老化を遅らせ長寿になるという。
しかし、減食を止めればサーチュイン遺伝子も活動停止してしまう。

不老長寿をとるか、おいしいものをお腹一杯食べる人生がいいか・・
でも、そんな悩みを吹き飛ばすサプリメントもあるそうです。
赤ワインなどに含まれる「レスペラトロール」

でも、不老長寿を望むならばそんなサプリメントに頼らず
やはりそれなりの努力はしたいもの。
「腹八分目に医者いらず」とは
昔の人はいいこと言いますねえ。

でもやっぱりおいしいものは食べたいですね!
[PR]

by u-och | 2011-10-03 12:07 | Food | Trackback | Comments(0)