<   2013年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2013年 01月 31日

自業自得

新聞記事によると
「ネガ・ポジ辞典」という
ネガティブ(否定的)な言葉を、ポジティブ(肯定的)な言葉に言い換える
スマホのアプリがあるそうです。
例えば「空気が読めない」は「周りに流されない」
肯定的な解釈は「周りに左右されずに自分の意見を貫く」

「貧乏揺すり」も肯定的な解釈としては
「さりげない足の筋トレ」だし
「頭髪が寂しい」は
「シャンプーの消費量が少ないエコな頭」なんだそうです。

言葉は時代と共に変わるもので、もともとの意味と違う言葉も多い。
例えば「自業自得」
現在の解釈としては
「現在の恵まれない境遇は過去の自分の悪行のせい」という解釈が一般的ですが、
先日、仕事の関係でお会いしたご住職のお話によると
もともと仏教用語のこの言葉のご住職の解釈は
「自分のこれからの行いが創り出す結果を、未来の自分が得る」
「これからの行いこそが未来の可能性」という
「諦め」ではなく「希望」の教えなのだそうです。
為になるなあ。

言葉の使い方で大失敗した思い出があります
社会人に成り立ての頃、先輩の行きつけの鮨屋に何度か一緒に連れて行ってもらい
大将の奥さんとも顔なじみになった頃、
その先輩が「こいつ、奥さんのことをきれいな人だなあと言ってるんですよ」
確かにそう思っていたので「いや〜、年増でいいですね〜」と私。
その言葉に、奥さんも大将も嫌な顔をして険悪な雰囲気に・・・

「年増」という言葉を私としては、
「大人の成熟した女性」という肯定的な意味で使ったつもりが、
「とうの立った女性」と否定的な意味として伝わってしまったのでした!
そりゃそうですよね。
今だったら同じ言葉を使うにしても
「年増盛りで色っぽいです!」というのだろうけれど
言葉を知らない、舌足らずの若者は(僕のことです)
焦って顔を赤くして
「さりげない足の筋トレ」を行うことでしか
フォローの仕方が無かったのでした。
[PR]

by u-och | 2013-01-31 19:56 | Blog | Trackback | Comments(2)
2013年 01月 28日

上棟式もいろいろ

北浦和の家の施工は初めて頼む工務店。
先日は上棟式でしたが、
ここの工務店は参加者全員が印半纏を着るのが慣わしだそうで
職人さん達だけでなく、建て主さんもそして我々U設計室の面々も
印半纏を貸していただき着用しました。

建物の四隅を米、塩、酒でお清めするのはどこの工務店でも行うことですが
祝詞をあげるのはあまりないこと。
地鎮祭は神主さんにきていただきますが
上棟式は神主さんをお呼びすることはほとんど無いからです。
この工務店は、会長さんが神主さんの代わりになって祝詞をあげてくれました!

上棟式が終わって、これからが本格的な建築工事。
監督も大工さん達もとてもやる気がある人たちなので
腕を存分にふるってくれて、とても良い家が出来そうです!
c0016913_1292497.jpg

[PR]

by u-och | 2013-01-28 12:09 | Works | Trackback | Comments(0)
2013年 01月 25日

習慣について

先日、代々木上原の駅で小田急線から千代田線に乗り換えたときのこと。
列に並んで電車を待ち、電車が来て扉が開いたときに
私の前の人は、降りる人をよけるように扉の脇に寄りました。
私も前の人に続いて扉の脇に寄りました。
この行為「降りる人優先」の正しいマナーではありますが
この場合は少し変な行動だったのです。

というのは、この電車はここが始発の電車だったからです。
始発の電車が到着しますというアナウンスを聞いていた筈なのに
車内には誰も乗っていないと目でも見ているのに、
いつもの習慣で、扉が開くとつい脇に寄ってしまった!
前の人に歩調を合わせたとしても、ボーとしていて何も考えていない証拠。
習慣とは恐ろしいものだと、ちょっと赤面してしまったのでした。

実は去年の秋、カミさんが1週間入院したときがありました。
肩に出来た良性の脂肪種をとる手術で、特に問題もなく
現在はいつものようにとても元気ですが
その1週間、カミさんがいない穴をどう埋めるのか
子供達と話し合い、家事を割り振りました。
食事の支度と片付け、掃除、洗濯そして朝夕の犬の散歩。
食事はカミさんが保存食をたくさん作ってくれたので
夕飯は何とか大丈夫でしたが
(でも後半、私が「ちゃんこ鍋」を造りました。
子供達がおいしいといってくれ(お世辞?)なんだかうれしい!!)
犬の散歩や掃除・風呂掃除は子供達が手分けしてやり
夕飯の食器洗いはジャンケン
そして買い物と洗濯当番は私。
いつもより早めに退社し、会社の帰りに買い物をして
みんなが風呂に入った後、夜に洗濯していました。
こんないろいろなことを一人でやってくれていたなんて
カミさんは大変だなあと今更ながら実感した1週間でした(感謝!)

そんな中、朝食の支度と食器洗いは各自でという決まりでしたが
カミさんが退院した後でも
朝食後、食卓の上にある食器を無意識に片づけて
食器洗いをするようになった私がいる!
(私がたいてい最後なので自分の分だけですけど・・)

1週間なのに習慣になったのか!!
これがホントのシュウカンでしょうか?
(座布団全部取っちゃって!)

というわけで、1週間の終わりに習慣のお話でした
(しつこいですね〜)

今度の日曜日、風呂掃除でもしようかな〜
[PR]

by u-och | 2013-01-25 20:59 | Blog | Trackback | Comments(2)
2013年 01月 22日

残雪の現場

何だかどこか雪国の現場風景のようですが
埼玉県久喜の家の現場写真です
この住宅は3月末には完成の予定
建て主の方の引っ越しの都合が合えば
見学会をさせていただきたいと思っています
その時はここでご案内する予定です
c0016913_18232441.jpg

[PR]

by u-och | 2013-01-22 18:24 | Works | Trackback | Comments(0)
2013年 01月 17日

街のラーメン屋の禁煙について思う

高級レストランでは勿論禁煙だが
街のおそば屋さんやラーメン屋さんはまだまだ喫煙可のところが多い。
高級レストランと街のラーメン屋とを同列で論じてはいけないのかもしれない。
でも今年は少し強気で臨んでみるのである。
ランチ3700円のお店が禁煙できて、湯麺650円のお店がなぜ喫煙可なのだ!
「せっかくおいしい料理を隣の人が吸うタバコの煙の臭いで台無しにしたくない。」
と客もお店も考えるのが高級レストラン。
「こういうところだから少々タバコの煙が混じっても文句言う人もいないし
タバコ吸う人を断っちゃったらお店の売り上げに響いちゃうんだよね」
あるいは
「今まで喫煙可だったのに禁煙にしちゃったら、あの店お高くとまってるな。
なんて言われちゃいますし・・」
と街のラーメン屋さんは思っているのかもしれない。

でも思い切って店内禁煙にしても
喫煙者はあっさり受け入れてくれるのではないか?
本日昼食を食べた下北沢のo亭では見回したところ、
タバコを吸っている人はカウンタの客一人だけだった。
しかもそれが運悪く私の隣の客だったのだ。
(だからこんな事を書くことになったわけですが)

o亭はお世辞にもきれいなお店とはいえないが、
味はとてもおいしい、行きつけの中華屋さんなのだ。
お昼時はいつもほとんど満員で席を選べる状況ではなく
本日は運悪く隣の客がタバコを吸う客だったのだ。
それでも食後に一服して出ていってくれればまだよいが
隣の若い客は昼間から餃子にビールという客なのだ。
(ちょっとうらやましい)
しかも携帯を見ながらタバコを吸いつつ、
ビールを飲んでたまに餃子を食べるという客だったのだ。

こちとらは650円の湯麺・滞在時間20分の客である。
餃子・ビール1本計1050円・滞在約1時間のお客に
値段ではまけても,滞在時間の短さでは勝っているのである。
(だからなんなのだ)
お店にとっては回転率から見れば有り難い客なのである
(そうでもないかな)
いや、でも僕の帰り際に隣の客はビールをもう1本追加していた。
それに後でチャーハンを頼むかもしれない。
となると1時間いても2000円を超えるのでお店としてもいいのかな。・・・
なんて弱気になってはいけないのだ。今年は少し強気で行くのだった!

隣の客のタバコの煙がホントに迷惑だったのは
湯麺が来て麺をすすった時だった。
隣の携帯電話・タバコ男のタバコの煙が目の前を丁度流れてきたときに
知らずに麺をすすり、麺と一緒にタバコの煙を吸ってしまったのだ。

思わず私は隣の男をキッと睨んだのである。
いや実は、男をではなく灰皿のあたりをキッと睨んだのである
いや実は、キッとではなくちらりと見たのである。
(強気でいく筈なんだけどな〜)

そんなさりげない仕草であってもデリカシーのある男であれば
しかも麺とタバコを一緒に吸い込んで少しせきこんだ隣人(僕のことです)を見れば
「ちょっと、悪いコトしちゃったかな。湯麺食べ終わるまで少しタバコは我慢しようかな」
と考えるところだが(考えないかな)
この携帯電話・タバコ男は全く動じないのである。
結局私の20分という滞在時間中に3本以上はタバコに火をつけたのである
(何度も灰皿方向に迷惑光線を送ったのに・・)

タバコを吸う人は、たいていの場合
吸うよりも灰皿の上にタバコがある、いわゆる「置きタバコ」の場合が多い。
この男も例外ではなく
携帯を見ていて思い出したようにタバコを吸い、
冷めてしまった餃子を食べ
泡の無くなったビールを飲むのである。
あれではビールもおいしくなさそうだなあ。
ビールは泡で蓋が出来ているときに飲むのがおいしいのだ!
出来ればこんな寒い冬でも、暖房の利いた部屋でのどがからからに乾いたときに
コップまで冷えた冷たいビールを飲むからおいしいのだ。
携帯電話に気をとられて、
ぬるくなった泡のないビールをちびちび飲んでもおいしくないのだ。
こんな飲み方ではビールに申し訳ないではないか!

・・・閑話休題。
問題はビールの飲み方ではなく、街のラーメン屋での禁煙運動のことでした。
そうなのである。
例え、650円の湯麺の客であっても、3700円のレストランランチの客と同様
タバコのお陰で食事がまずくなってしまうことは同じなのだ。
650円のお店だからしょうがないなあではないのだ。
「だったら禁煙のラーメン屋さんを探せばいいじゃん」
ということでもないのだ。
何故なら私は、o亭やoo庵が気に入っているのだから!
(強気です)

街のおそば屋さんもラーメン屋さんも禁煙にしてくれないかな〜
よくいく下北沢のこのo亭やoo庵はとくに
禁煙にしてくれないかな〜(お昼時だけでもいいんだけどな〜)
とタバコを吸わない私は
650円の湯麺を食べながらしみじみと思ったのであります。

今度行ったら周辺の灰皿を片づけてしまおうっと。
[PR]

by u-och | 2013-01-17 20:20 | Blog | Trackback(1) | Comments(2)
2013年 01月 15日

大雪の後

凄い雪でした
東京では7年ぶりの大雪とか
東京都心では積雪7センチということですが
世田谷では10センチ以上の積雪のように思えます。

実は我が家では長女が成人式。
朝、着付けをしてもらうために
娘を美容院まで車で送り迎えをしたりしましたが
まだ雨のちみぞれの時だったので
道路も空いていて、渋滞に巻き込まれることもなく
慌てずに済みました。
(車は普通タイヤなので
朝から雪だったら、送迎も出来ずかなり焦ったでしょうね〜)

昨日雪が止んだ後
家の前と周辺を少し雪かきをしましたが
(というか次男にやらせたのですが)
住宅街に比べるとさすがに商店街は雪かきが早い。
通勤時間時に、すでに雪かきが終わっている店もかなりありました。
特に個人商店の前はすっかり雪かきが済んで、歩きやすくなっている店が多い。
それに比べると、チェーン店のお店は
社員が来るまで雪かきが出来てないので、雪かきレースでは出遅れています。

バスが全く来ないので三軒茶屋から下北沢まで歩いた私にとって
雪かきが済んでいる道は本当に有り難かったです。
雪かきがまだ出来ていない道でも
歩きやすいところをなんとなく譲り合ったりして
日本人の民度は高い!と実感した朝なのでした。

皆さま
道が凍っているので、明朝は十分にお気をつけ下され!
[PR]

by u-och | 2013-01-15 20:42 | Blog | Trackback | Comments(0)
2013年 01月 07日

仕事始め

U設計室は今日が仕事始めです。
皆さま今年も宜しくお願い致します

c0016913_16492614.jpg

[PR]

by u-och | 2013-01-07 16:51 | Blog | Trackback | Comments(0)