続・U設計室web diary

uoch.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2013年 08月 29日

地鎮祭の手順

地鎮祭は普通、建て主の方にとって生まれて初めての体験。
ここでは先日行われた「十条の家」地鎮祭の写真を使わさせていただいて
ご説明したいと思います。
(建て主のKさん、ご容赦くださいませ)

地鎮祭は工事に先立ち土地の神様に家を建てることを報告し
工事の安全と無事の完成を祈願する行事です。
神道で行うことが一般的ですが
建て主の方が信心している宗教、
例えばキリスト教や仏教等で行うこともあります。
また地鎮祭自体を行わない場合もありますし
建て主の方自らが米・塩・酒で敷地をお清めして
地鎮祭に代える場合もあります。

ここでは一般的な神式を例にお話しします
まずは、地元神社に頼むのか
あるいは施工する工務店がよくお願いしている
地鎮祭専門の神主に頼むのかという選択があります
お納めする玉串料は3万円くらいが通常ですが(首都圏の場合)
専門の神主さんは神様にお供えする海の幸、山の幸が一式として
玉串料に入っているのと比べ
地元神社の場合はお供え物は別に建て主が用意する必要があります

今回は建て主の方の意向で地元の王子神社にお願いしました
残暑が厳しいので
工務店が気をつかってテントをサービスで用意してくれました
祭壇を南に向くように設置し、
お榊を中心にそこに海の幸、山の幸、酒、塩、米を飾り付けます
(神主さんがやってくれます)
c0016913_1612995.jpg

祭壇に向かって建て主の方、その後ろに設計者、施工者が並びます

いよいよ地鎮祭の始まりです
修祓(しゅうふつ)の儀:神官が参列者と祭壇をお祓いします(軽く頭を下げます)
降神之儀:神官が祝詞をささやき神様をお迎えします(頭は下げています)
献餞之儀:神様に祭壇のお供え物を召し上がっていただきます
祝詞奏上:神様に土地の場所、建て主の方の名前、設計者名、施工者名を報告し
     工事の安全と建物の無事の完成を祈願します
c0016913_1621171.jpg

清祓い:神官は敷地の四方、中央に御神酒、米、塩、紅白のちぎり紙を撒き
    お祓いします
c0016913_1632193.jpg

苅初之儀:設計者が鎌で砂山の笹を「エイ・エイ・エイ」とかけ声とともに草を刈
     る所作をします
穿初之儀:建て主が「エイ・エイ・エイ」と砂山に鍬を入れ
     施工者が鋤で同様に砂山を崩し着工を模した所作をします
     これで着工となりました
c0016913_1633371.jpg

     玉串奉献:神官、建て主、設計者、施工者の順で玉串(お榊)を祭壇に捧げ
     工事の安全を祈願します
     まずは神様に一礼
     玉串を奉納後(神官から受け取ったお榊を時計回りに回し
      お榊の根元が祭壇に向くように置きます)
     工事の安全を祈念して、二礼二拍手一礼でお参りします
c0016913_1654132.jpg

撤餞・昇神之儀:神官が昇神の祝詞を唱え神様に帰っていただきます
直会(なおらい):御神酒で乾杯(口をつけるだけで飲まなくてもかまいません
         残ったお酒は土に戻します)
         お開きとなります
神官が砂山に魔除けの「鎮物」を置きます
鎮物は後日、施工者が建物中心の基礎下に埋めます
c0016913_1663534.jpg

式後、神主さんに玉串料をお渡しします
祭壇をバックに皆さんで記念撮影
地元神社の場合、式後お供え物を持って帰られることが多いのですが
今回は「神様のお下がりものですので皆さんでお食べください」と
持って帰られませんでした
というわけで、私もサツマイモとオクラを1本ずついただきました。
Kさんありがとうございます
今回は立派な新鮮な大きな鯛を建て主の方が用意しました。
海の幸はスルメや昆布の場合もあります
c0016913_16786.jpg

式で使う鎌、鋤、鍬です
c0016913_169936.jpg

そして、本当の工事が始まります
我々設計者は施工者と協力してよりよい家が出来るように
これから設計監理の仕事が始まるのです
[PR]

by u-och | 2013-08-29 16:22 | Works | Trackback | Comments(0)
2013年 08月 26日

吉村障子の原点

先日の伊勢参りの帰りに、奈良によってきたのですが
十輪院の近くにある今西家(重要文化財)で発見したのが
吉村障子のオリジナル。

吉村障子とは建築家吉村順三がよく使う障子のことで
障子の四周の枠の幅と桟の幅が同じで
引き違いの障子が閉まっているときに一つに見える障子のことで
枡の大きさが大きいので洋間にもしっくりと合う障子のことです。

今西家書院の障子はまさにそれで
障子の枡の大きさは吉村障子ほど大きくありませんが
写真のように引き違いの障子が一つに見えます
吉村順三さんはよく、京都奈良にデザインサーベイに来ていたというから
今西家が吉村障子の発想の原点だったかもしれないですね
c0016913_1542622.jpg

c0016913_15423450.jpg

障子の溝はなんと一本
[PR]

by u-och | 2013-08-26 15:42 | Architecture | Trackback | Comments(0)
2013年 08月 22日

ウオーリーを探せ

横縞のシャツを着た
メガネの男性ウオーリーを探す絵本が
随分昔に流行りましたが
それにならって
我が家の愛犬「くう」を探せ

ぬいぐるみに囲まれた「くう」はどこ?
c0016913_18435691.jpg

c0016913_18365820.jpg

[PR]

by u-och | 2013-08-22 18:37 | Family | Trackback | Comments(0)
2013年 08月 19日

佐倉の家 写真撮影

夏休み前の週末は
佐倉の家の写真撮影の立ち会いに行ってきました

木造2階建て・延べ床24坪・ご夫婦お二人のお住まいです
すっきりと暮らされていて、趣味のよい小物も充実していて
写真撮影に使わせていただきました
お昼ご飯もごちそうになってしまい、
建て主のIさんありがとうございました!
カメラマンのIさんもご苦労さまでした
できあがりが楽しみです
c0016913_185974.jpg

[PR]

by u-och | 2013-08-19 18:59 | Works | Trackback | Comments(0)
2013年 08月 12日

下北沢阿波踊り

先週末は下北沢夏の恒例「阿波踊り」
一番街商店街を中心に阿波踊りの連が練り歩く
とても楽しいお祭りです。
東京では高円寺の阿波踊りが有名ですが
下北沢の阿波踊りは踊り手と観客の距離がとても近いのが特徴。
踊っている皆さんもとても楽しそうです。
とっても楽しそうなので
見ているこちらもちょっとにっこりしてしまいます

明日からU設計室も夏休み。
しっかり休んでリフレッシュして
また元気よくいきましょう!
c0016913_18165019.jpg

c0016913_18171331.jpg

[PR]

by u-och | 2013-08-12 18:17 | Landscape | Trackback | Comments(0)
2013年 08月 09日

手品

あーら不思議。ロウソクの炎に直に触っても大丈夫なのです
私が、熱さを感じない特殊体質というわけではありません
どういうわけ?

ちょっと考えてからMOREをクリックしてくださいね
c0016913_19463626.jpg


More
[PR]

by u-och | 2013-08-09 19:46 | Thing | Trackback | Comments(0)
2013年 08月 06日

伊勢へ

先週末、伊勢神宮に行ってきました。
20年に一度の遷宮に併せて行われる「お白石持行事」に参加するためです。
真新しい正殿の敷地内に白石を奉献する行事ですが
白石を奉献する正殿の敷地は
遷宮後は決して立ち入ることの出来ないところだけに
感動もひとしお。
勿論写真撮影は出来ないので
正殿の建築をしっかりと目に焼き付けてきました

私が奉献したのは内宮の御正殿ですが
同じように外宮でも行われるそうです
今回は縁あって参加できましたが次回は20年後
とても貴重な体験が出来ました


前日に外宮を参拝し
行事のあとに内宮を参拝しましたが
それにしても伊勢神宮は実に神々しいです
背筋が伸びるような神聖さを感じました
c0016913_1952396.jpg

白石が載っている山車を千人ぐらいの人が鳥居前まで引っ張っていく
c0016913_1965699.jpg

一人二つ白石をお納めする。素手で触ってはいけないのです
c0016913_1994429.jpg

真新しい内宮の御正殿。ここから先は写真撮影厳禁
鳥居をくぐって更に奥に奥にとすすみ
とても大きな白木づくりの御正殿の近くにまで行き
御正殿の下に白石を奉献するのです
[PR]

by u-och | 2013-08-06 19:19 | Journey | Trackback(1) | Comments(0)