続・U設計室web diary

uoch.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 10日

ボサボサからサッパリへ

c0016913_14360377.jpg
c0016913_14364070.jpg
c0016913_14371160.jpg
c0016913_14374296.jpg
我が家の植栽は適当に私が剪定していましたが
ちょっとサボっていたら、ボサボサの状態になってしまいました。
特に成長の早いシルバープリペットが大変な状態に!

もう手に負えないので、造園屋さんに剪定してもらいました。
シルバープリペットは強いので幹をばっさりとカット。
キンカンは実を付けているので少しだけ剪定してもらいました。
おかげでサッパリ、完成時の姿のようになりました。
ポストも見えて一安心。
郵便屋さん、新聞屋さん、長々ご迷惑をお掛けしておりました!


[PR]

# by u-och | 2017-11-10 14:44 | Plant | Trackback | Comments(2)
2017年 11月 08日

木製出窓制作中

c0016913_12080798.jpg
武蔵境の家の出窓を大工さんが制作中です。
敷地は準防火地域ですが
延焼線(1階は道路中心から3M)から外れているので
木製の窓が造れるのです。
出窓下の製作家具も絡んでいるので
大工のOさんにはご苦労お掛けしています!

[PR]

# by u-och | 2017-11-08 12:12 | Works | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 04日

屋上庭園

c0016913_10125501.jpg
c0016913_10124440.jpg
所用があって二子玉川へ行ってきました。
ついでに駅周辺のビル群を散策。
このあたり、随分昔は二子玉川遊園地があったし、
このビル群が出来る前は、平屋の東急ハンズもありました。
それが今では高層ビルが建ち並び、景色が一変しています。
そんな中、ビルの屋上に庭園を発見。
人工的な庭園でも、植栽は気持を落ち着かせてくれます。
写真だけ見ると、ビルの屋上とは思えないでしょう?

[PR]

# by u-och | 2017-11-04 10:14 | Plant | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 30日

松陰神社 維新祭り・2017年

c0016913_12555015.jpg

10月28日・29日は、家の近くにある松陰神社恒例の「維新祭り」。
商店街と一体になってのお祭りです。
吉田松陰にちなんで萩市の人たちも公園の一角に出店を出し
また会津の出店もあって、いつもはかなりの人出があります。
国士舘の音楽隊が先頭にたち、彰義隊の格好の人たちや
高杉晋作に扮した人たちのパレードが最終日の日曜日に行われるのですが
今年は台風の影響で中止になりました。残念!
それでも土曜日にかみさんと一緒に繰り出して
いつも買っている萩の地ビール「ちょんまげビール」を購入しました。
満足、満足。

c0016913_12563910.jpg
雨の中、よさこいが始まりました!
c0016913_12560325.jpg
商店街の魚屋さんではマグロの解体ショーが行われていました。
僕も赤身の柵を購入。おいしゅうございました。
c0016913_12553948.jpg
祭りの前の日の夜景。
これが飲み屋の屋台群だったら、ちょっと寄っていきますね。絶対。

[PR]

# by u-och | 2017-10-30 13:15 | Landscape | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 23日

雨のデザイン

c0016913_14142940.jpg
c0016913_14144486.jpg

皇居のお堀端に建つ1967年竣工のパレスサイドビルは
今しみじみ見てもとてもモダンな建築です。
日建設計・林昌二設計の傑作だと思います。

雨樋のメンテナンスもしっかりと考えられていて
縦樋が分節して、それを半円形の桝が受け
雨水が見えるデザインに昇華しています。
窓ガラス清掃用と日除けを兼ねたグレーチング床と相まって
魅力的な外観デザインを構成しています。

毎日新聞社が入るビルなので、事務所内には入れませんが
地下商店街の階段や近未来的なトイレなど
外観も含めてなかなか楽しめます。

[PR]

# by u-och | 2017-10-23 14:20 | Architecture | Trackback | Comments(2)
2017年 10月 16日

「日本の家 1945年以降の建築と暮らし」 展覧会

c0016913_12420127.jpg
東京国立近代美術館で開催している展覧会に行ってきました。
1953年竣工の丹下健三の自邸から最近のアトリエワンの住宅まで
日本的なるものからすきまの再構築まで幅広いテーマごとに
写真、模型、ビデオ等が展示されている充実した内容の展覧会です。

清家清設計の「斉藤助教授の家」1952年の一部を再現した実物大の建物もあり
かなり楽しめます!

10月29日(日)まで
近代美術館のhpに100円割引のお得なお知らせもあります。


[PR]

# by u-och | 2017-10-16 12:42 | Architecture | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 10日

犬のための家づくり

c0016913_14392644.jpg
c0016913_14393949.jpg
建築知識2017年10月号は「犬のための家づくり」特集です。
僕もいくつか事例を出していますが
なんと我が家の愛犬くうが巻末の著者欄に
カットとしてちゃっかり載っています。
本屋さんでご覧になってみて下さい!

あれれ・・これって親ばか?

ちなみに表紙のワンちゃんはプロのモデルさん?です

[PR]

# by u-och | 2017-10-10 14:42 | Book | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 06日

MPO家づくりの会 「直して住む」展覧会

c0016913_12293109.jpg
10月4日〜8日まで
足立区関原の森・愛恵まちづくり記念館で行われている
上記の展覧会に出展しています。
私は7日(土)午後に現地におります。
お近くにおいでの方々、おいで下さい。
詳しくはこちらのHPへ
http://npo-iezukurinokai.jp/event/seminar/4116/

[PR]

# by u-och | 2017-10-06 12:30 | Link | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 02日

家づくりセミナーのお知らせ

c0016913_11172427.jpg
下記の要領でセミナーの講師を務めます。
ご興味のある方々、ご参加下さい。

タイトル:「家づくりの基礎知識」教えます

日時:2017年10月8日(日)
   13:30〜14:30
場所:武蔵野プレイス 3F スペースD
参加:無料

申し込み先: IEST
http://iest.biz/event/

[PR]

# by u-och | 2017-10-02 11:17 | Seminar | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 21日

いぬねこなかまフェス2017

c0016913_14092494.jpg

18日の祝日の夕方、かみさんに誘われて

「いぬねこなかまフェス2017」に行ってきました。


チラシによると

「本イベントは、動物愛護週間(9/20~26)の前に、

私たちそれぞれが、動物のために何が出来るかを学び、

考え、表現する集まりです。

収益は、殺処分を少しでも減らすために行政施設からミグノンにやっってくる

動物たちの養育費に充てられます。

(主催:ミグノンプラン 後援:ほぼ日刊イトイ新聞)


趣旨に賛同して芸能人もたくさん出演していました。

椿鬼奴、坂本美雨、小泉今日子、清水ミチコ、矢野顕子、町田康、鈴木杏 等々

豪華出演陣の歌に感激し(矢野顕子の新曲も聴けた~)

鈴木杏の朗読に(飼い主から捨てられた犬の話)にメガネが曇ったりしておりました。


なかでもかなりショックを受けたのは

この10年、殺処分が少なくなったとはいえ

実際に殺処分を受けた仔犬の映像が写されたとき。

まるでアウシュビッツの毒ガス室のような光景でした。


去勢手術が浸透して捨て猫、捨て犬が随分と減ったとのことですが

今隠れた脅威になっているのが、多頭飼とのこと。

その飼い主はたいてい自然のままが良いと去勢手術をしないで

家で放し飼いにしていると

あっという間にその犬猫の数が増え、飼いきれずになってしまうのだという。

10匹がその限界だそうだ。

それを過ぎると飼い主も思考が麻痺して、人間も住めない住環境になり

結局犬猫たちは行政施設に送られることに。

そして、新しい引き取り手が見つからないと殺処分になってしまう。

殺処分が減ったからといって、安心できる状況ではないそうなのだ。


まだまだ知らない世界がたくさんあるな~。

ちなみに我が家の愛犬は動物病院の先生のすすめも有り

仔犬のうちに去勢手術をしました。

かわいそうな気もしたけれど

その方がストレスもなく、晩年の病気罹患率も低く

長生きできるのだそうです。


[PR]

# by u-och | 2017-09-21 14:09 | Animal | Trackback | Comments(0)