続・U設計室web diary

uoch.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 16日

クレヨンしんちゃん

以前、子供が借りてきた劇場版「クレヨンしんちゃん」のDVDを見て
不覚にも涙してしまったことがあった。





題名は「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」
時は戦国時代。無骨な武将又兵衛と気丈な姫との叶わぬ悲恋を描いたもの。
二人のけなげさと純真さが心にしみる。
子供向け映画にかこつけた、これは立派な大人向け映画だったのだ。

とてもいい映画だと思ったので周りの人に薦めてみても
「クレヨンしんちゃん・・・」というだけで「えーっ」と言われ
ほとんどの人が観てくれなかったなあ。
題名も今ひとつだし....

だが、この映画を見て感動したのは勿論僕一人だけではなく、
「ALWAYS三丁目の夕日」の監督もその一人。
感動のあまり、長く企画を温め実写版で映画を作ったのである。
又兵衛役に草彅剛、廉姫役に新垣結衣
「BALLAD 名もなき恋のうた」

果たして「クレヨンしんちゃん」を超えられたのか!

by u-och | 2009-09-16 09:22 | TV・cinema | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://uoch.exblog.jp/tb/12357726
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hidamari_musees at 2009-09-17 00:02
私も観ましたよ、映画館で。泣いたかどうかは忘れてしまいましたが。。。笑
クレシンは誤解してる人が多いのは仕方のないところか??

作者の臼井さんが群馬に山登りに行ったきり捜索願いが出ているようで気になっています。
Commented by u-och at 2009-09-17 12:29
hidamariさん、クレヨンしんちゃんの映画は
子供と一緒にでなければなかなか見ない映画だから
仕方がないですね。
いい映画だと思うんだけどナー(まだ言ってる..)



<< 写真撮影      日本酒とクー >>