人気ブログランキング | 話題のタグを見る

続・U設計室web diary

uoch.exblog.jp
ブログトップ
2005年 05月 11日

ダーリンは外国人

ダーリンは外国人_c0016913_2184893.jpg

連休中、村上龍の力作
「半島を出よ」を読んでいました。
とても面白い小説でしたが、
残虐な描写も多く
重苦しい内容なので
バランスをとる意味でも
次は何か可笑しいものを読みたくなりました。

カミさんや長男に
「何か可笑しい本ないかなあ?」と聞いてみると
二人が口を揃えて教えてくれた本がこれです。

題名が誤解を与えるといけないので本の前書きを引用すると
「のっけから何ですが、この本はのろけ話ではありません。
「外国人と暮らしていると」というと、よくロマンティックで
アモーレな世界を思い描かれるのですが、
うちの場合、それとはちょっと違った方面へ転がり続けています」

漫画家の奥さんと言語オタクのダーリンこと「トニー」との
珍妙な日常が描かれていて
思わず笑ってしまうこと請け合いです。
漫画と馬鹿にすることなかれ
さすが言語オタクの「トニー」
日本人では気がつかない
日本語に対するするどい?指摘もあって
なかなか為にもなります。
続編の「ダーリンの頭の中」もお薦めです!!

by u-och | 2005-05-11 21:15 | Book | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://uoch.exblog.jp/tb/1754065
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by studio-tsumugi at 2005-05-13 10:21
この本大好きです。本屋で立ち読みして笑ってしまった。。。
うちの姉の旦那さんが外国人で「分かる~(涙笑)」ところ多いんですよ。
私は「ダーリンの頭の中」買っちゃいました。
『オタクが輝く瞬間』がたまらない! こっちも欲しいんですよね、
立ち読みじゃ思いっきり笑えないですから(笑)


<< 修学旅行      谷口吉生展 >>