人気ブログランキング |

続・U設計室web diary

uoch.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 12日

化粧

先日「化粧」の舞台を観てきました

渡辺美佐子の当たり役、どさ回り劇団の座長五月洋子の物語

井上ひさしの劇の中でも

私の中では「日本人のへそ」「頭痛肩こり樋口一葉」と並んで

ベストスリーに入る大好きな劇です。

今回で通算四回目の観劇です。


渡辺美佐子に代わって主演は平淑恵。

彼女主演としては私が見るのは2回目です。

平淑恵も歳を重ねてよい意味で貫禄が出て

美声も意識的にだみ声の低音をだすなど

平淑恵のはまり役になってきました。好演です!

(知ったようなこと書いていますね~)


この芝居は役者に対する井上ひさしの挑戦状ではないのか

とも思える芝居です。

これだけ苦労して書いた芝居なんだから

役者も命がけで臨んでくれよな

というような大変な芝居なのです。


1時間半ものあいだ、共演者もなく

一人で台詞をしゃべるだけでなく、

鏡を見ずに化粧をし、着付けをし、

劇中劇を見えぬ相手と演じ等々

役者にとってはとても大変な芝居。

こんな大変な芝居の役を引き受けた平淑恵も偉い!


四回も見ているのでストーリーは判っていますが、

何度見てもこの劇の深さ

面白くて、哀しくて、残酷で、

そしてそのやさしさに感動してしまいます。


初めて見た時は大笑いして、

二幕目のどんでん返しにとてもびっくりしました。

でも、歳と共に見方も変わって

またラストが判っているだけに五月洋子の哀れさが身に染みて

可笑しい場面でも鼻の先ツンときてしまいました。


効果音や劇中での台詞にもラストが暗示されているなど

何度見ても新しい発見があります。


なにより優しい気持ちを思い出させてくれるおすすめの劇ですよ!

当日券もあるようです


3月21日まで

新宿東口・紀伊國屋ホール

化粧_c0016913_16413668.jpg


by u-och | 2014-03-12 16:45 | TV・cinema | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://uoch.exblog.jp/tb/21816113
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 誕生日プレゼント      2014年3月 下北沢周辺状況 >>