人気ブログランキング | 話題のタグを見る

続・U設計室web diary

uoch.exblog.jp
ブログトップ
2015年 01月 22日

「赤めだか」と「ひとりブタ」

「赤めだか」と「ひとりブタ」_c0016913_18294680.jpg

故立川談志の弟子が書いた本はいくつかあるが、
最も売れたのは立川談春の「赤めだか」だろう。
破天荒な家元・立川談志の元で、
談春が高校を中退して入門した頃から、真打ちになるまでの修業時代を書いた
「青春記」という趣があるのに対し
この間読んだ立川生志の「ひとりブタ」は、
立川談志とのもっとなまなましい師匠と弟子の愛憎劇、
談志の複雑な性格による事件の数々、
人ごとだから大笑いできるけれど
当事者としては神経衰弱になってもおかしくない
かなりぞっとする日常が描かれている。
「赤めだか」と「ひとりブタ」_c0016913_1830167.jpg

流石に落語家の文章なので、どちらの本も大笑いできるし
ちょっとほろりとさせるエピソードもたくさん挿入されている。
立川談志の「芝浜」を生で二度ばかり聞いたことがあるが、流石に名人!
おかしくて、人間の性が切なくて
最後にじーんと感動させる素晴らしい落語でした。
でもたまに落語だけ聞くのならいいけれど、
身近に立川談志が居たら、お近づきになりたくない人だなあと思う。
ましてや弟子ともなると・・
きっと立川談志の弟子達は
だれもが愛憎半ばする、複雑な感情を家元に対し持っていたんだろうなあ。
これらの本を読むと実感できる。
憎いけれど・・・愛している。

立川流では志の輔のファンですが
生志の落語も2月早々に聞きに行ってきます!
楽しみ!!

by u-och | 2015-01-22 18:31 | Book | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://uoch.exblog.jp/tb/23365115
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 15年前の家      2015年1月の下北沢駅周辺 >>