人気ブログランキング | 話題のタグを見る

続・U設計室web diary

uoch.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 15日

鎌近

鎌近_c0016913_1935175.jpg

能見台の現場の帰りに少し脚を伸ばして
通称カマキンこと鎌倉近代美術館に行ってきました。

1951年竣工、坂倉準三設計による
日本近代建築の傑作の一つであるこの美術館は
老朽化の問題等から2016年1月一杯
つまり今月一杯で閉館となります

内部の機能やディテールは確かに時代を感じますが
今でもとてもモダンな外観はとても素敵です
中でも池の水面がピロティの白い天井に反射して浮かび上がる
ゆらゆらとした陰影はとても幻想的でロマンチックです

焼き上がったときの偶然性こそが醍醐味と陶芸家が言うように
画家千住博が絵の具を流し、自然に現れる形が「滝」の絵となるように
建築家坂倉準三もここまでの効果は想像していなかったのではないかと
思ってしまいます。人智を越えた自然の美しさ。
ともあれ、この建築に入れなくなるとはとても勿体ない気がします

閉館まであと2週間。ご興味のある方はお急ぎあれ!
鎌近_c0016913_19354488.jpg


by u-och | 2016-01-15 19:39 | Architecture | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://uoch.exblog.jp/tb/25186496
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 守谷の家・上棟式      2016年仕事始め >>