続・U設計室web diary

uoch.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 19日

おはよう よのなか

c0016913_13085627.jpg

6月のとある土曜日の夕方、

三ヶ月に一度行われる建築家仲間の句会「釘ん句会」に参加してきました。


今回の兼題は「雨」「節」(メロディ)「箱」


日頃から俳句を作っているわけではなく

句会の直前にひねり出しているだけなので

上達しているのか、はなはだ疑問であります。

でも他の皆さんがどんな句を作ってくるのか、楽しみでもありますよ。


今回の高得点句は

「薫風も箱に詰め込み息子発つ」

私も採らせて頂きました。

僕にも家から出た息子がいるので共感するところ大なのです。


好きな句として

「節つけて「おはようよのなか」夏始」

先生の句でしたが、NHK朝ドラ「半分、青い。」の主題歌の一節とのこと。

「おはようよのなか」という

作詞・作曲の星野源の言葉のセンスは流石!です。


「玄関に乱れ筺あり梅雨に入る」

乱れ筺(箱)という言葉自体を知らないという自身の教養のなさ。

でも、男子は知らない人が多いようです。

なんて、言い訳しておりますです。ハイ。


はてさて、そんな中で私のつくった五句はというと・・(出来た順)

一:「五月雨や着物の裾の乱れをり」

二:「五月雨今川焼きの旨きこと」

三:「下駄箱に靴ばかりあり柿若葉」

四:「夏近し関節鳴らす女子社員」

五:「サザンのメロディ聴く夏は二十歳のわたし」


かろうじて五以外はお一人ずつから採って頂けました。

四は先生から特選を頂きました!

先生と私は面白いと思う基準が似ているのかな~

(判ったようなこと言っていますね)


実は、字余りながら最後に出来た五の句が

私としてはちょっと気に入っているのです。


ちょっと手直しをして

「サザンのメロディ聴く夏はいつも二十歳」

の方が、字余りながらリズムがあって良かったかな~


・・・そうでもないか。


さっ、仕事しよう!


[PR]

by u-och | 2018-06-19 13:22 | Hobby | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://uoch.exblog.jp/tb/29585248
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 明治大学校歌の本歌発見!      全身麻酔 >>