続・U設計室web diary

uoch.exblog.jp
ブログトップ
2018年 08月 06日

幽玄

c0016913_16275256.jpg

大学生の頃、旧ソ連を亡命した

映画監督S.タルコフスキーの映画が評判をよんでいた。

「惑星ソラリス」「鏡」「ストーカー」等々

ぼくも神保町の岩波ホールに観にでかけた。

美しく幻想的で静謐な映像、

セリフの少ない長回しの1シーンが有名な監督だった。


映画はとても興味深いものなのだが、

しばらくするとついウトウトとしてしまう。

はっと気がついて周りを見渡すと、

うつらうつらしている人が大半で

まるで集団催眠にかかって映画を観ているようだった。


とても不思議な体験だった。

映画のシーンが本当に観たものだったのか

夢の中のシーンなのかその境が曖昧になり、

より映画の幻想性が増すといった感じなのだった。

ある評論家は

「タルコフスキーの映画は緊張感がとても高いものなので、

観客はその緊張感に耐えられずその緊張の糸が切れた結果、

ついウトウトとしてしまうのだ」

と判ったようなことを新聞に書いていた。

c0016913_16271381.jpg

そんな体験を最近また味わった。

千駄ヶ谷の国立能楽堂に「能」を観に出かけたのです。

題目は僕のような初心者でもわかるという「船弁慶」


壇ノ浦の戦いの後、頼朝に虐げられ都を追われる身となった義経。

西国を目指し、弁慶を伴って海へ船出すると、

平知盛の怨霊が襲いかかり・・という物語。


静御前との別れの前段

弁慶と怨霊との戦いの後段といった

静と動が対照的な舞台なのです。


静御前が義経との別れを悲しみ舞う前段は

動きも少なく謡と鼓の音が実に心地よく

テンションが強すぎて緊張の糸が切れてしまったように

ウトウトと半ば夢見心地で舞台を観ることになったのでした。

はっと気がついて廻りを見渡すと

同じような人がたくさん見受けられます。

懐かしい光景!


うつらうつらしながら、夢見心地で観る舞台。

いにしえ人はそれを「幽玄」と言ったのかしらん。


またこの不思議な体験をしに、能を見に行こうかな~


[PR]

by u-och | 2018-08-06 16:29 | TV・cinema | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://uoch.exblog.jp/tb/29673629
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 素敵な居酒屋      背教者ユリアヌス 辻邦生著 >>