続・U設計室web diary

uoch.exblog.jp
ブログトップ
2019年 01月 11日

能楽堂で落語

c0016913_15002891.jpg

昨晩、立川志の輔の落語を聴きに行ってきました。

場所は銀座シックスの地下にある観世能楽堂。


演目は新作落語の「モモリン」と

古典落語の「井戸の茶碗」

どれも聴いたことのある演目ですが

何度聴いても可笑しい。大笑いしてしまいます。


それにしても能楽堂で落語を聴くとは夢にも思いませんでした。


さて、ここで質問です。

「能楽堂で落語会が開けた、舞台上の大きな仕掛けとは一体何でしょう?」

落語だけでなく他の異種演目もこの能楽堂では行われているそうです。

写真をよくよく見ると違いが判ります。


揚幕がシャンと開き、志の輔が登場。

橋懸かりを摺り足のような仕草で歩き

「老松」が描かれた鏡板の能の神様に一礼して

舞台に置かれた演台に座って落語が始まりました。


来春はパルコ劇場が完成するので

正月にこの能楽堂で志の輔落語が聴けるのも

これが最初で最後なのかもです。


正月早々おめでたく高貴な香のする空間で

能の神様と落語の神様の見守る中で

面白い話を聴いて大笑いする、貴重な体験が出来ました。


答)目付柱(舞台に向かって左手前の柱)がとれること。

能面をつけている能の演者にとっては舞台の目印になる重要な柱:目付柱が取り外し可能なので、

取り外せば、演者がどこからも見える舞台にすることができるのです。




by u-och | 2019-01-11 15:01 | Hobby | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://uoch.exblog.jp/tb/30044215
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


     謹賀新年2019年 >>