人気ブログランキング | 話題のタグを見る

続・U設計室web diary

uoch.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 15日

リリー・フランキー著 「東京タワー」

遅ればせながら、リリー・フランキーの「東京タワー」を読みました。
カミさんや高二の長男に、面白いよと言われ続けていましたが、
タイミングを逃し、つい今まで読まずに来ました。
でも読み始めれば、始めからぐいぐい話に引き込まれる
とても面白い小説なのです。

一言で言ってしまえばリリー氏(男)とオカン(母親)、
時々現れるオトン(父親)との関係を綴った私小説なのですが、
げらげら笑わせながら、でも最後になってとても泣かせられます。
初めが可笑しい分、後半の悲しみがより深く感じられるのかもしれません。
たいていは電車の中や昼休みに事務所で読んでいたのですが
最後の数十ページは涙で視界がぼやけてしまい、
人前で読むのがちょっと恥ずかしいので、
読みたいのを我慢しつつ、帰宅してからしみじみと読んでおりました。

この本を読みながら
4年前に亡くなった母親のことを思い出して
何だかとてもおセンチな気分になっております。
文中の一節
「五月に誰かが言った。母親が死んで、男は初めて一人前になるのだと」

今わたくしの涙の限界線は
下瞼3ミリ下くらいのところにあります。
でもたまにはこんな気分もいいものかもしれませんよ。

だって、「今はもう秋」ですからね。
リリー・フランキー著 「東京タワー」_c0016913_20361720.jpg


by u-och | 2006-09-15 20:36 | Book | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://uoch.exblog.jp/tb/4561380
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by SATOSHI_IREI at 2006-09-15 20:48
スタッフに読め読めといわれているのですが
なかなか時間がありません。
Commented by u-och at 2006-09-15 21:11
伊礼さん、泣けますよ!
私は主に現場に行くときの電車の中が読んでいましたが
後半は涙が出てきて、公衆の面前では読めなくなりました。
面白くて哀しい小説です。思い出すだけで泣けてきます。
Commented by nt-lab at 2006-09-16 08:45
哀しく切なく…しみじみと素敵ですよね。
どんな顔して読んでるのか見てみたい。笑
Commented by studio-tsumugi at 2006-09-16 09:17
読んでみたいけれど、まだ手にしていません。
こう見えて、以外と泣き虫なんです。
この写真、素敵ですね。
Commented by u-och at 2006-09-16 11:00
nt-labさん、ひどい顔して読んでいると思いますよ。(笑い)
Commented by u-och at 2006-09-16 11:02
tsumugiさん、哀しくて切なくて、しみじみと泣けます。
写真は去年モロッコ旅行に行ったときの写真です。
Commented by kyoco-chan at 2006-09-20 01:25
私もこの本読んでみたくて、図書館の順番待ちの人数を見たら
40番目くらいで、諦めて、忘れていました・・・
そろそろ、みんな読み終わっているかな?(あったら借りてこよう)
u-ochさんも、母さまなくされていたの?
私は父さんだけど・・・ 親がなくなるのって、想像を超えた世界で
本当にさみしいものね。
Commented by masa-aki.m at 2006-09-20 09:03
ぼくも最後のところは泣きの予感がしたので
とっといて深夜一人で読みました。
Commented by u-och at 2006-09-20 19:40
kyoco-chan、男にとっては(女性もそうかな?)
母親が亡くなるのはほんとに寂しいものですね。
私は父親も亡くなっていますが、父親には申し訳ないけれど、
母親が亡くなったときの方がずっと哀しみが深かったです。
私も3人の子の父親ですが、母親(妻)にはかなわないなあと
いつも思っています。
Commented by u-och at 2006-09-20 19:41
松原さん、それは賢明な判断でしたね!


<< ハンペンチェア      九十九餅 >>