人気ブログランキング | 話題のタグを見る

続・U設計室web diary

uoch.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 12日

ブータン    ブナカ・ゾン

プナカは、首都ティンプーより車で約2時間半くらいのところにある古都。
ブナカの標高は1350m。首都ティンプー、パロがそれぞれ標高2400m、2300mなので
標高が低い分暖かく、過去300年にわたりブータンの冬の首都だったそうです。
実際ブナカではバナナの木やサトウキビも見ました。

1955年にティンプーが通年首都になってからは、
一時は絢爛を極めたブナカ・ゾン(1637年建造)も廃墟のように寂れ、
昭和33年にブナカを訪れた大阪府立大の植物学者中尾佐吉教授は
その著書「秘境ブータン」の中で
当時のブナカは疫病が蔓延し人の姿の見えない「死の谷」であると書いています。
それから50年後の現在ではブナカ・ゾンも修復され、
冬の間はブータン仏教の最高指導者ジェ・ケンポ氏が、
厳冬の首都ティンプーからこのブナカ・ゾンに移り住んで生活しているそうです。
ブータン    ブナカ・ゾン_c0016913_9524031.jpg

ポ・チュ(父川)とモ・チュ(母川)に挟まれた中州にあるブナカ・ゾン。
まるで河にうかぶ軍艦のようです
ブータン    ブナカ・ゾン_c0016913_9543854.jpg

ゾンの中に入るのにはこのきつい勾配の階段を登っていきます。
有事の時はこの階段をはずせるようになっていたんだろうなあ。
ブータン    ブナカ・ゾン_c0016913_9555544.jpg

中は彩色が施されまるで竜宮城のようです
ブータン    ブナカ・ゾン_c0016913_9563293.jpg

一番奥には寺院があり法要をしていました。
高僧がお経を唱えているというのに、若い坊さん達はおしゃべりをしていたり
適当に笛をならしたりと、日本のお寺と違ってピリツとした緊張感に欠けていました

by u-och | 2007-12-12 10:02 | Journey | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://uoch.exblog.jp/tb/7703972
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nt-lab at 2007-12-13 07:42
引越しをすっごくがんばったから
がんばってブータンネタ、つきあってあげます。
Commented by 欒樹 at 2007-12-13 13:00 x
 小生の友人のブータンに於けるシニアボランティアの成果(自動車整備教育については不明、水彩スケッチのみ)を横浜へ出掛けて観て来ました。 u-ochさんの写真に劣らない枚数が掲げられ堪能しました。 極彩色でない白い壁が印象的でした。  河の水量は凄いですね。 地球温暖化で氷河が溶けたためですか?
Commented by u-och at 2007-12-13 15:30
nt-labさん、ありがとう!!!
・・・でもそれって、
ちょっとトホホの感じですね。
Commented by u-och at 2007-12-13 15:34
欒樹さん、ブータンは元々ヒマラヤからの水源が豊富で
水力発電の電気をお隣のインドに売っているほどだそうです。
数年前にこの河が氾濫しブナカ・ゾンの一部が壊れてしまったとのこと、地球温暖化の影響かもしれませんね。
Commented by 半田雅俊 at 2007-12-13 23:24 x
ほんとにきれいなところだね。100年前の日本もそうだったらしい
Commented by U-OCH at 2007-12-14 12:36
半田さん、ご来場ありがとうございます。
ブータンは写真で見た昔の日本の農村のようです。
Commented by 半田雅俊 at 2007-12-16 23:50 x
僕もブログ始めました。まだ使い方がよくわかっていませんが、立ち寄ってみてください。「ぱんだのたわごと」です
Commented by u-och at 2007-12-17 20:26
おお、半田さんもついに始められましたか!


<< COS下北沢 カフェオーナー募集      上棟式の地域性 >>