続・U設計室web diary

uoch.exblog.jp
ブログトップ

2018年 07月 30日 ( 1 )


2018年 07月 30日

背教者ユリアヌス 辻邦生著

c0016913_12392464.jpg

随分前に神田の古本屋で手に入れたものの

その文章量(1ページ上下2段組で720ページ!)に

恐れおののき、読み始めるのを躊躇していた小説です。


でも、ちょっと読んでみるかと

夕食後の時間に読み始めてみれば

最初のページから美しい文章とその物語に引き込まれ

ぐいぐいと読み進めていける小説なのです。

しかしまあよくこの大作(しかも傑作)を書き上げたなあと

感心することしきりです。

私が感想を述べるよりも、北杜夫の箱書きの小文が

将にこの小説を言い得て妙なので転載します。


「絢爛とし、かつ透明な詩情に満ちた叙事文学である。

妖しい暗示に満ちた霧のたちこめる冒頭、そして砂漠の中を

ローマ軍団がもの寂しい足跡を残して去りゆく末尾。

雄大な規模を持つ二千枚の長編が、一章を読み終らぬうち、

たちまちに我々を魅了し、息つくまもなくぶ厚い人間と歴史の

奔流の中へと巻きこんでゆく。

予期もせず奇しき生涯を辿る哲学者皇帝、宮廷政治をとりまく陰謀、

相つぐ凄まじい戦闘、美貌の皇后の恋、

それらは現代に見出しがたい宿命の不思議さ、歴史の悲劇性、

人間存在の哀切さを示している。しかも、重厚明晰な文体で刻みこまれた

その絵巻が、ごく生き生きとして、肌のすぐ間近に感じられるのである。

小説の醍醐味を私は堪能した。」  北杜夫



[PR]

by u-och | 2018-07-30 12:40 | Book | Trackback | Comments(0)