人気ブログランキング |

続・U設計室web diary

uoch.exblog.jp
ブログトップ
2019年 09月 24日

足利学校そして太田市美術館・図書館

ブログ更新をサボってしまいました!


栃木県にある日本最古の学校「足利学校」に行ってきました。

岡山の閑谷学校に比べると保存されている現在の規模は小さいですが

敷地を取り囲む土塁が美しい!

建物を吹き抜ける風が気持がよい。

すぐ近くには国宝・鑁阿寺(ばんなじ)もあります。

お土産には勿論、足利名物「古印最中」を買って帰りました。

c0016913_12141304.jpg

ちょっと脚を伸ばして、

群馬県太田市にある平田晃久氏設計の

「太田市美術館・図書館」にも行ってきました。

五つのコンクリートの建物を鉄骨造のスロープがつなぐ

素敵な建築です。

中に入ると、まるで街中を歩いているように

いろいろなシーンが生まれ、

ちょっと腰掛けて本を読むスペースや

子供達が寝転がって絵本を読む場所や

しっかり勉強するコーナーなどが散在していて

とても楽しい空間です。

建築法規上の竪穴区画はどうやって解決しているのだろう。

担当者の解説を聞いてみたいなあ。

c0016913_12111807.jpg
c0016913_12110649.jpg



# by u-och | 2019-09-24 12:15 | Architecture | Trackback | Comments(0)
2019年 08月 13日

夏休みの読書

c0016913_12405325.jpg

大江健三郎は「同時代ゲーム」しか読んだことはありませんが

この小説が読みにくいこと半端なく、

ごつごつとした岩のような文体でとりつく島もなく、

内容が全く頭に入ってこなくて、

もう読むのをやめようかと途方に暮れておりました。

(評論家の小林秀雄は二頁で読むのをやめたそうです)


でも同じような読者はたくさんいて、

難解な第一章は飛ばして、第二章から読んで最後に第一章に戻るという

変則的な読書方法を教えてくれる人がいて、

その通りに読んでみるとなんとか内容が把握できたという次第。


インテリジェンスとグロテスク、聖なるものと俗なるもの。

暴力と非暴力。相反するベクトルの描写が激しく、

かなり気持ちの悪くなるシーンもあって

これに懲りて、もう大江健三郎は読まないと思っていたのに

この夏休みに、大江健三郎の最長編小説「燃え上がる綠の木」全三巻を

なんだかとても読みたくなってきたのです。

これはきっと怖いもの見たさですね。


単行本の古本を手に入れて読み始めてみると、

「同時代ゲーム」よりも遙かに読みやすい。

登場人物達は相変わらず奇妙な人種の人たちが多く、

不思議な物語が始まりそうですが、

するすると第一巻の中程まで読み進めて来てしまいました。

第二巻がまだ届いていないので、ちょっとペースダウンしなければ。

これからどんな物語の展開が待っているのか、楽しみなような恐ろしいような・・。

変な夢を見そうです。




# by u-och | 2019-08-13 12:42 | Book | Trackback | Comments(0)
2019年 08月 05日

能楽

c0016913_11515431.jpg

このあたりの者でござる。

さてもさても、久々に千駄ヶ谷の国立能楽堂に行ってきたのでござる。


演目は「三番叟」「羽衣」「船弁慶」(半能)いう豪華ラインナップ。

三番叟は人気、実力とも文句なしの野村萬斎が演じ、

羽衣のシテは津村聡子さんという女性の美しい天女の舞い姿。

船弁慶は弁慶と平知盛の亡霊が対決する迫力ある場面の半能と

見所満載、大満足の舞台でござった。

c0016913_11522617.jpg
人形ではなく、人間です。


それにしても能楽は拍手のタイミングが難しい。

演目が終わり、能楽師が橋懸かりを退場している時は

まだ拍手のタイミングではないのでござる。

舞台の余韻を噛みしめ

能楽師に次い太鼓、小鼓、笛の囃子方、そして地謡の面々が

退場して舞台が空になる直前あたりに拍手するのが一般的なようなのでござる。

うーん最後まで良い緊張感があってとてもしびれるのでござる。

昔は拍手は無かったという解説書もありますが、

やはりお礼に拍手をしたいものでござる。


また、是非とも能楽堂に参りたいと思っておる、

このあたりの者でござる。




# by u-och | 2019-08-05 11:54 | Art | Trackback | Comments(0)
2019年 07月 31日

憂鬱な季節

c0016913_10321902.jpg

毎年この時期は

埼玉・ものつくり大学で教鞭を執っています。

授業も残すところあと2回。

最終日は試験。そして憂鬱な成績付けが待っています。

成績はテストの点数を主に決めることになります。

単位の取れない学生さんがいたら御免。



# by u-och | 2019-07-31 10:33 | Seminar | Trackback | Comments(0)
2019年 07月 27日

中間検査

c0016913_10275375.jpg
先日は下北沢Sビルの検査機関による中間検査でした。
2階床の配筋が出来たところで中間の検査になります。
配置をチェックして、基礎配筋の状態を写真で確認し
資料をチェックしていざ2階の現場へ。
2階では鉄筋の本数等を確認し、しっかりと検査して頂けました。
勿論、構造設計のMさんに
しっかり構造のチェックをしていただいているので
手抜かりのあろう筈もありません。
(なんだかイチローの言い方みたいですね〜)
無事に中間検査合格。
29日(月)にコンクリート打設になります。
形が判るようになってきました。


# by u-och | 2019-07-27 10:30 | Works | Trackback | Comments(0)
2019年 07月 16日

近隣説明

c0016913_12295112.jpg

先日、横浜方面で設計中の建物のお知らせ看板を設置してきました。

看板設置と共に、施主と一緒に敷地周辺の方々へ建物概要の説明も行いました。

高さが10Mを超えるので、日影を含めて建物概要を説明する義務があるのです。

敷地内を計画道路線が通っているのでコンクリートの建物は建てることが出来ず

鉄骨造3階建てのビルになります。

現在建設会社に見積もりを依頼中。もうちょっとでいよいよ着工です。



# by u-och | 2019-07-16 12:30 | Works | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 28日

Sビル配筋検査

c0016913_09264899.jpg
もう6月も終わろうというのに
今月初めての投稿ではないですか〜
うっかり、うっかり。

さて、先日は下北沢Sビルの1階スラブの配筋検査。
構造設計のMさんにも来ていただいての
配筋検査です。
特に大きな指摘事項も無く終了しました。
次回は検査機関立ち会いの中間検査。
建物は今年12月の完成予定です。




# by u-och | 2019-06-28 09:27 | Works | Trackback | Comments(0)
2019年 05月 20日

イームズハウス展

c0016913_12493262.jpg

東陽町方面へ所用があったついでに

竹中工務店東京本社内のギャラリーA4で開催中の

「イームズハウス展」を覗いてきました。

イームズチェアと共に有名なイームズハウス(自邸・工房)の模型等が

展示されています。

c0016913_12491360.jpg
c0016913_12492270.jpg


アメリカの建築雑誌「art&architecture」が掲載したケーススタディーハウスの

8番目としてイームズ夫妻が設計し、1949年に完成した住宅です。

モダニズム建築保存のゲティ保存修復研究所の協力で、

後世にこの建築を残すために長期的な保存改修計画が行われているとのことです。

個人の資産である住宅までがこうしてしっかり保存・公開がされているとは、

まだまだ日本との建築に対する意識の差が実感されて、日本の現状が残念に思います。

5月30日まで(日・祝休館、無料)



# by u-och | 2019-05-20 12:51 | Art | Trackback | Comments(0)
2019年 05月 09日

バリ

c0016913_12052757.jpg

ホテルの部屋のパティオでくつろぐ長女。

連休は家族でバリ島に行ってきました。

・・・ウ、ウソです!


ホントは、

近江牛すき焼きパーティで

親戚の皆さん総勢16名がうちに集まるので

2階のバルコニーも皆が座れるように設えたところです。

c0016913_12053895.jpg

ちょっと広めのバルコニーは部屋の延長としても使えて

とっても便利。



# by u-och | 2019-05-09 12:06 | Trackback | Comments(0)
2019年 04月 19日

森下・初見参

c0016913_12563819.jpg

どこか行ったことのない居酒屋に行こうということになり

友人と初めて訪ねる街、森下に。

煮込みで有名という居酒屋に行った。


煮卵入り煮込みにフランスパンというちょっとおしゃれな組み合わせ。

いろいろ頼んだら、結構いい値段になった。


でも、おじさん達にはちょっと物足りず、

二件目はその近所にある「魚三」森下店によって

将に大衆酒場の雰囲気にほっとしたのでした。

冷酒(大関)190円、あら煮50円、中トロ630円という安さ!




# by u-och | 2019-04-19 13:01 | Food | Trackback | Comments(0)