続・U設計室web diary

uoch.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Architecture( 63 )


2018年 08月 31日

待庵・見学

c0016913_15211167.jpg

森美術館で開催中の「建築の日本展」を見てきました。

古代から現代まで幅広く日本の建築が紹介されていますが

その中でも期待していたのは千利休作といわれている国宝「待庵」。

そのレプリカが展示されているのです。

実際の待庵は、にじり口から中をのぞき見ることしか許可されていませんが

この展示では、レプリカとは言え、

忠実に再現された二畳の茶室の、内部に入ることが出来るのです!

c0016913_15212279.jpg

壁は藁すさの見える草案風の土壁。

床の間は隅柱を土壁で塗り廻した室床。

天井は平天井と掛け込み天井の構成で

低いながらも圧迫感を感じない。

下地窓からの光が美しい!


待庵を空間体感できる絶好の機会です。

ご興味にある方はお急ぎを(9/17まで)


[PR]

by u-och | 2018-08-31 15:28 | Architecture | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 23日

素敵な居酒屋

c0016913_12071220.jpg

居酒屋「鍵屋」を覗いてきました。

木造2階建て、押縁下見板張りの外壁。

1階が店舗で2階が住居。

店舗の床はたたきでお店の大将を囲むように

L型に無垢板のカウンターが設えてある。

酒の肴に「にこごり」もあって日本酒がすすみそう!

c0016913_12072330.jpg

実は小金井方面で打合せが有り、その帰りに小金井公園内の

「江戸東京たてもの園」を散策して

移築された「鍵屋」を覗いたという次第。


なんと建築は幕末の1856年。

現建築基準法には適合しない建築だけれど

なんと魅力的な店だろうか。

説明してくれたボランティアの人の話だと

鶯谷駅近くで2代目「鍵屋」が営業中とのことです。


[PR]

by u-och | 2018-08-23 12:11 | Architecture | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 06日

名作住宅探訪

先日、築約50年~60年を超える住宅を見学する機会がありました。

1967年竣工の「塔の家」(東孝光設計)、

1958年竣工の「石津邸」(池辺陽設計)

1971年竣工の「松川ボックス(1期)」(宮脇檀設計)

そして1955年竣工の「園田邸」(吉村順三設計)。

松川ボックスは住宅ではなく事務所として使われていますが

他の建物はが住宅として現役として使われている建物です。

(園田邸は現在は貸し音楽ホール?)


どの建物にも言えることは、

時々の住まい手がオリジナルの部分を損なわないように配慮しながら、

家族構成や住まい方に合わせて

その時々の最新設備等をとりいれ

快適に住めるように改築・増築をしていることです。

建築家は建物の「生みの親」ではあるけれど、

それを更に自分たちの生活スタイルに合わせて居心地の良いにものにしていく「育ての親」は住まい手だなあということです。

こんなに長く大切に住んでもらって、設計した建築家たちも感謝していることでしょう。

これからも現役の建物として使い続けていただけたらうれしいのだけれど・・



[PR]

by u-och | 2018-03-06 12:31 | Architecture | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 23日

雨のデザイン

c0016913_14142940.jpg
c0016913_14144486.jpg

皇居のお堀端に建つ1967年竣工のパレスサイドビルは
今しみじみ見てもとてもモダンな建築です。
日建設計・林昌二設計の傑作だと思います。

雨樋のメンテナンスもしっかりと考えられていて
縦樋が分節して、それを半円形の桝が受け
雨水が見えるデザインに昇華しています。
窓ガラス清掃用と日除けを兼ねたグレーチング床と相まって
魅力的な外観デザインを構成しています。

毎日新聞社が入るビルなので、事務所内には入れませんが
地下商店街の階段や近未来的なトイレなど
外観も含めてなかなか楽しめます。

[PR]

by u-och | 2017-10-23 14:20 | Architecture | Trackback | Comments(2)
2017年 10月 16日

「日本の家 1945年以降の建築と暮らし」 展覧会

c0016913_12420127.jpg
東京国立近代美術館で開催している展覧会に行ってきました。
1953年竣工の丹下健三の自邸から最近のアトリエワンの住宅まで
日本的なるものからすきまの再構築まで幅広いテーマごとに
写真、模型、ビデオ等が展示されている充実した内容の展覧会です。

清家清設計の「斉藤助教授の家」1952年の一部を再現した実物大の建物もあり
かなり楽しめます!

10月29日(日)まで
近代美術館のhpに100円割引のお得なお知らせもあります。


[PR]

by u-och | 2017-10-16 12:42 | Architecture | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 12日

カメラマンの家・三ヶ月点検

c0016913_14124025.jpg
先日、カメラマンの方の家の点検に伺いました。
撮影スタジオのある住宅です。
U設計室では完成後、生活の落ち着いた頃(3ヶ月〜半年)と
1年後に点検に伺います。

今回は、工務店の監督が来て点検が始まる前に
少し早く伺って写真を撮らせて頂いていました。

でも流石プロ。
私の撮影がもどかしかったのか「撮りましょうか?」と言って頂き
私のカメラがおもちゃのように見えてしまう
プロ用のカメラを使って全室撮って頂きました!
後で送って頂けるとのことでとても楽しみです。
(ちなみにこのブログの写真は私が撮ったものです)

点検のあと、この家をつくってくれた大工のSさんも合流して
奥様の手料理と地酒をご馳走になりました。
Aさん、ありがとうございます。
とても楽しい時間を過ごさせて頂きました。
ご馳走様でした!

[PR]

by u-och | 2017-06-12 14:17 | Architecture | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 23日

山田守邸見学

c0016913_12513120.jpg
c0016913_12515499.jpg
21日の金曜日、表参道にある山田守邸を見学してきました。
山田守はお茶の水の「聖橋」や「日本武道館」等の設計で知られる建築家ですが
資料によると、
分離派建築家グループの同志、堀口捨巳が晩年自邸を設計したことに触発され
奥さんのたっての頼みもあって、60才を超えた昭和34年に
アトリエ(設計事務所)兼用の自宅をつくったとのことです。

自邸は僕の感じていた山田守のイメージとは全く違い
とてもモダンな近代建築でありました。
東工大名誉教授の藤岡洋保先生の熱い解説も聞けて
とても良い時間を過ごせました。
入館料700円、本日4月23日までです。
未見の方はお急ぎあれ!

[PR]

by u-och | 2017-04-23 13:04 | Architecture | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 20日

気になる民家

c0016913_15511203.jpg
休日のサイクリング。
その最中、以前から気になっていた
立派な造りの建物前に寄ってみました。
市の民族博物館別館かと思っておりましたが
入口には個人の表札が・・
c0016913_15514259.jpg
住宅にしては窓の少ない閉鎖的な造りだし
陶芸かなにかのアトリエ?
それとも飲み会のための建物?
夜、デッキテラスの前の窓を開け放し
デッキテラスでお月見をしながら
日本酒を飲む、なんて素敵ですね!


[PR]

by u-och | 2016-10-20 15:55 | Architecture | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 23日

コルビュジェ・休暇小屋見学

c0016913_18333388.jpg

カップマルタンの休暇小屋を見学してきました。
外観は一見ログハウスですが、実は半丸の丸太を外壁に貼り付けた仕上げ。
c0016913_18335998.jpg

内部は8帖ほどの大きさですが、思ったより広く感じます。
注意深く配置したのであろう三カ所の外の風景を切り取るピクチュアウインドーが効いています。
c0016913_18345042.jpg

中にはベッドが二つとテーブル、収納・手洗いそして小さなトイレスペース
があるだけの小屋です。居間兼書斎兼寝室のワンルーム空間です。
このテーブルで上野の西洋美術館のスケッチを描いていたかもしれないと聞かされると御利益があるようにと、ついそのテーブルをスリスリしてしまいました。
床はフローリング、壁天井はベニヤ仕上げですが、床は黄色、壁・天井の一部は赤とブルーグリーンの色が塗ってあります。今でもとってもモダンです。
隣接する「ひとで軒」というレストランで食事をするので
キッチンはありません。風呂も外にあるシャワーで済ませていたそうです。
思っていたより居心地の良い空間で手で触る家具の取っ手や窓金物などディテールもしっかり考えてあってコルビュジェの印象が随分と変わりました。
c0016913_18351540.jpg

c0016913_18353353.jpg

・・あの、今更ですが、フランスまで行ってきたわけではなく、
埼玉のものつくり大学にある休暇小屋のコピーをY教授のご厚意で見学させて頂いたのです。
コルビジェ財団公認の元、フランスまで行って実物を実測し、金物一つまで学生達が再現したという力作なのです!凄い!!
[PR]

by u-och | 2016-08-23 18:35 | Architecture | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 15日

鎌近

c0016913_1935175.jpg

能見台の現場の帰りに少し脚を伸ばして
通称カマキンこと鎌倉近代美術館に行ってきました。

1951年竣工、坂倉準三設計による
日本近代建築の傑作の一つであるこの美術館は
老朽化の問題等から2016年1月一杯
つまり今月一杯で閉館となります

内部の機能やディテールは確かに時代を感じますが
今でもとてもモダンな外観はとても素敵です
中でも池の水面がピロティの白い天井に反射して浮かび上がる
ゆらゆらとした陰影はとても幻想的でロマンチックです

焼き上がったときの偶然性こそが醍醐味と陶芸家が言うように
画家千住博が絵の具を流し、自然に現れる形が「滝」の絵となるように
建築家坂倉準三もここまでの効果は想像していなかったのではないかと
思ってしまいます。人智を越えた自然の美しさ。
ともあれ、この建築に入れなくなるとはとても勿体ない気がします

閉館まであと2週間。ご興味のある方はお急ぎあれ!
c0016913_19354488.jpg

[PR]

by u-och | 2016-01-15 19:39 | Architecture | Trackback | Comments(0)