続・U設計室web diary

uoch.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2018年 06月 19日

おはよう よのなか

c0016913_13085627.jpg

6月のとある土曜日の夕方、

三ヶ月に一度行われる建築家仲間の句会「釘ん句会」に参加してきました。


今回の兼題は「雨」「節」(メロディ)「箱」


日頃から俳句を作っているわけではなく

句会の直前にひねり出しているだけなので

上達しているのか、はなはだ疑問であります。

でも他の皆さんがどんな句を作ってくるのか、楽しみでもありますよ。


今回の高得点句は

「薫風も箱に詰め込み息子発つ」

私も採らせて頂きました。

僕にも家から出た息子がいるので共感するところ大なのです。


好きな句として

「節つけて「おはようよのなか」夏始」

先生の句でしたが、NHK朝ドラ「半分、青い。」の主題歌の一節とのこと。

「おはようよのなか」という

作詞・作曲の星野源の言葉のセンスは流石!です。


「玄関に乱れ筺あり梅雨に入る」

乱れ筺(箱)という言葉自体を知らないという自身の教養のなさ。

でも、男子は知らない人が多いようです。

なんて、言い訳しておりますです。ハイ。


はてさて、そんな中で私のつくった五句はというと・・(出来た順)

一:「五月雨や着物の裾の乱れをり」

二:「五月雨今川焼きの旨きこと」

三:「下駄箱に靴ばかりあり柿若葉」

四:「夏近し関節鳴らす女子社員」

五:「サザンのメロディ聴く夏は二十歳のわたし」


かろうじて五以外はお一人ずつから採って頂けました。

四は先生から特選を頂きました!

先生と私は面白いと思う基準が似ているのかな~

(判ったようなこと言っていますね)


実は、字余りながら最後に出来た五の句が

私としてはちょっと気に入っているのです。


ちょっと手直しをして

「サザンのメロディ聴く夏はいつも二十歳」

の方が、字余りながらリズムがあって良かったかな~


・・・そうでもないか。


さっ、仕事しよう!


[PR]

by u-och | 2018-06-19 13:22 | Hobby | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 12日

全身麻酔

歯がグラグラしているので、医者に診てもらったら
「歯周病なので抜いておいたほうがいいですね。」と言われた。
年なのでちょっと躊躇したが、
血液検査の結果はどこも悪いところがないので
手術してもらうことにした。
でも手術は全身麻酔!・・ちょっと心配。

我が家の愛犬の話である。
もうじき10歳。
歯磨き係の私としてはショックな話。
赤ちゃん用の歯ブラシを使って良く磨いていたつもりだったのに・・
先生が「トイプードルは歯周病になりやすい犬種なんですよ」と
慰めてくれた。

そして手術。
朝病院に連れて行って、午後一で手術。
当日の夕方5時には退院。
結局、5本も抜いてしまった。
でも、犬は噛まないでほとんど丸呑みなので問題ないとのこと。
問題は上の犬歯1本を抜いたこと。
犬歯は根が深く、鼻や目と繋がっているので
犬歯跡の穴を縫って塞ぐ必要があるという。

病院に迎えに行ったときには麻酔がまだ効いているのか
慣れない環境で精神的に疲れてしまったのか
目がくっつきそうで今にも寝そうな状態だった。
でも翌日にはもう元気いっぱいで、安心した。
あとは、無事に犬歯の穴が塞がってくれること。
2週間後に経過を見てもらう事になっている。

歯磨きは、私が歯ブラシで歯を磨いたあと
カミさんが脱脂綿で歯茎のお掃除をするという
2段階方式になったのです。

「無事に穴が塞がっていることを祈る!」
c0016913_11340346.jpg


[PR]

by u-och | 2018-06-12 11:52 | Family | Trackback | Comments(0)