人気ブログランキング |

続・U設計室web diary

uoch.exblog.jp
ブログトップ
2018年 12月 14日

芝浜・春風亭一之輔

c0016913_16010054.jpg

春風亭一之輔の独演会に行ってきました。

落語の演題は通常事前予告はないので

聴いて初めてあーこの演題かと判るのです。

今回の締めの噺はこの季節らしい「芝浜」でした。


「芝浜」は立川談志の十八番で、僕も30年ほど前に

一度だけ聴いたことがある。凄かった。

上手いを超えて凄い!と心底思った。

(なんか知ったようなこと言ってますね)


立川志の輔の年末の落語は「歓喜の歌」だし、

立川一門は師匠の十八番には敬して接せずというスタンスなのかな。


さて、一之輔の芝浜はと言うと

初めは「あれ?」と思った滑り出しだったのです。

魚屋が朝早く女房に起こされて

芝の浜で顔を洗って煙草を吸って、偶然革の財布を見つけるシーンが

ごっそりカットされていたのです。あれれ・・・

そのシーンのかわりに、魚屋が家に慌てて帰って、

女房にいきさつを話すことで

聴衆も事の顛末を知ることになる。


でもそこには一之輔の一味違った工夫があったのです。


財布を女房に預け、昨晩の残りの酒を飲んで寝てしまう魚屋。

再び女房に起こされて、「風呂に行ってくらあ」と出て行き

帰りには友達連中を家に連れてきて、酒肴を注文して家で大宴会。

そして、またそのまま寝てしまう魚屋。


再び女房に起こされて、

財布を拾ったのは夢じゃないのかと女房に言われるシーンでは、

芝浜で顔を洗い、財布を拾う具体的な描写がカットされているので

聴衆もほんとうに「夢の話」だったのではないかと錯覚を覚えてしまうのだ。


談志の「芝浜」では聴衆は、「財布を拾ったのは夢」と

女房が嘘をついているのは判っているのに対し、

一の輔の「芝浜」は聴衆も、「財布を拾ったのは夢の話だったのかな」と

疑問に思えるような展開の仕方なのだ。


ラスト近くの

「除夜の鐘を飲んで酒が飲めるなんざあ、夢のような話だな」という

セリフがあって、

オチの「あ、よそう。また夢になるといけねえ」が更に効いてくるという仕掛け。


魚屋の混乱と自分に対する情けなさ。女房の思いやりとけなげさ。

久々に落語に感動してしまったのです。


一の輔は「この噺、ほんとは好きじゃないんです。

酒好きがこんなに簡単に酒をやめられるかなあって思って」と言っていたが

拾った財布の大金を頼りに、

働かないで楽して生きようと思った自分に対して、

しかも拾ったと思った財布が夢だったと知った時の

自分に対する情けなさと混乱と不安。

そんな情けなさと大いなる不安を断ち切るために一生懸命働く。

だからきっぱりと酒を断てたんだと思いますね。ボカあ。


志の輔も昇太も面白いけど、一之輔もよいです。


*写真は芝浜ならぬ西浜(修学院離宮)



# by u-och | 2018-12-14 16:02 | Hobby | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 12日

千と千尋の神隠し・モデル

c0016913_13200179.jpg

「千と千尋の神隠し」の油屋のモデルの一つとされている四万温泉・積善館。

「橋を渡るときには息を止めなければいけないよ。

そうしないと人間と判ってしまうからね。」とはハクのセリフ。

   

一句 「黄落や息とめて橋渡る先」 雄二



# by u-och | 2018-11-12 13:20 | Architecture | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 26日

セリフ廻し

建築家仲間と三ヶ月に一度行っている句会

「釘ん句会」の報告です。


今回の兼題は「梨」「切符」「パスワード」

私のつくった句で気に入っているのは

「ポケットに昔の切符鰯雲」


人の句で気に入ったのは

「梨選ぶ男真面目な顔をして」

「三越の梨の重たき紙袋」

どちらも先生の句でした。


毎度思うことですが

句会の前の一週間だけ考えているようでは

なかなか上手になりませぬ。

五七調で考える癖をつけようかな。

でもその延長で、

五七調の、歌舞伎のセリフ廻しのような

話し方になっていても

気にしないで下さいね~



# by u-och | 2018-10-26 12:56 | Hobby | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 11日

花泥棒

c0016913_18325200.jpg

家の道路際の花壇に毎年秋に咲く「シュウメイキク」。

今年は猛暑で水遣りが足らなかったのか、ドクダミとの生存競争に疲れたのか

花実のあるの茎が1本だけ成長していました。

先日の台風の強風にも耐え、

もうじき可憐な白い花が咲くのを楽しみにしていたのに・・

先ほど家に戻ってふと見ると

あるべき所にそのシュウメイキクが見当たらない!

よくよく見ると、地面から5センチくらいのところで

ハサミで切ったようにきれいに切断されていました。

切られたシュウメイキクは持ち去られたようです。


一輪差しにでもするつもりなのかなあ。

開花を楽しみにしていたのに、ショックです。

まだ、開花前の茎を切るとは、「シュウメイキク」と判っているかなり目利きの仕業です。

「やはり野におけレンゲソウ」なのになあ・・

ひどいことをする花好きもいるんだなあ。



# by u-och | 2018-10-11 18:34 | Plant | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 05日

刑事モース 再来

サスペンス・ミステリー好きにはたまらない
英国TVドラマ「刑事モース」が放送されます。
前シーズンの最後の放送はとっても気になる終わり方だったので
続きが見たくて仕方がなかったのです。
NHKへもたくさんの要望があったらしく
無事に続きが放送されることに。

10月6日(土)から毎週土曜(全4回)
NHK BSプレミアム 午後4時半〜午後6時

映像の情報量が多く、いろいろなシーンが分断されて物語がすすみ
パズルを組み立てていくようにラストに向かうというつくりかたなので
録画して見ることをお薦めします。
1度目は字幕で。二度目は吹き替えで。
映像にいろいろなヒントが隠されているので
物語のラストが判った上でもう一度見直すと
更に深く物語が楽しめるのです。
二度見ても飽きることがない
希有なTVドラマなのです。

楽しみです!


# by u-och | 2018-10-05 17:33 | TV・cinema | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 20日

我が家の豊洲移転問題

お客さんがきてお刺身を出すときや、家族で手巻き寿司をするときなど

近所の商店街にある魚屋さんでお造りをお願いする。

新鮮で美味しくてしかも安い。

たまに鮪一本を店先で捌いて、良心的な価格で売ってくれるような店だ。

そんな魚屋さんが来月10月初めに閉店してしまう。

ご主人の話では「もう年だし、豊洲だと遠いので通えない」のだそうだ。

いい魚屋さんがなくなるとは・・・

とても残念だ。

豊洲移転問題が急に身近なものになってきた。

c0016913_11582764.jpg

手巻き用に造ってもらったお刺身。

鮪に鰹に鯛にサーモン。そしてホタテに赤貝。

これでしめて2500円也(税込み)



# by u-och | 2018-09-20 12:03 | Food | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 11日

荒木町飲み屋街

荒木町で飲みましょうと

お誘いをうけて、

初めて荒木町に行ってきました。

荒木町とは、四谷三丁目裏にある坂の町の飲み屋街です。

c0016913_16080869.jpg

調べてみるとこの場所は

美濃・高須藩の上屋敷があったところだそうです。


待ち合わせ時間より少し早めに行って、散策してみました。

神楽坂をもっと庶民的にしたような、坂と石畳のある飲み屋街です。

迷路のような細い道沿いにもたくさんの居酒屋やバーが並んでいます。

c0016913_16092396.jpg
c0016913_16085996.jpg

階段を下りた一番低いところには

津ノ守弁財天があり、策(むち)の池という小さな池が残っています。

大名庭園の名残かもしれません。

なんでも以前はこの池ももっと大きく、池の周りには料亭が建ち並んでいたそうです。

c0016913_16091344.jpg
c0016913_16095044.jpg
お目当ての居酒屋に到着(白い暖簾の店)


近くというに、まだまだ知らない魅力的な場所がたくさんありますね〜




# by u-och | 2018-09-11 16:24 | Landscape | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 31日

待庵・見学

c0016913_15211167.jpg

森美術館で開催中の「建築の日本展」を見てきました。

古代から現代まで幅広く日本の建築が紹介されていますが

その中でも期待していたのは千利休作といわれている国宝「待庵」。

そのレプリカが展示されているのです。

実際の待庵は、にじり口から中をのぞき見ることしか許可されていませんが

この展示では、レプリカとは言え、

忠実に再現された二畳の茶室の、内部に入ることが出来るのです!

c0016913_15212279.jpg

壁は藁すさの見える草案風の土壁。

床の間は隅柱を土壁で塗り廻した室床。

天井は平天井と掛け込み天井の構成で

低いながらも圧迫感を感じない。

下地窓からの光が美しい!


待庵を空間体感できる絶好の機会です。

ご興味にある方はお急ぎを(9/17まで)



# by u-och | 2018-08-31 15:28 | Architecture | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 23日

素敵な居酒屋

c0016913_12071220.jpg

居酒屋「鍵屋」を覗いてきました。

木造2階建て、押縁下見板張りの外壁。

1階が店舗で2階が住居。

店舗の床はたたきでお店の大将を囲むように

L型に無垢板のカウンターが設えてある。

酒の肴に「にこごり」もあって日本酒がすすみそう!

c0016913_12072330.jpg

実は小金井方面で打合せが有り、その帰りに小金井公園内の

「江戸東京たてもの園」を散策して

移築された「鍵屋」を覗いたという次第。


なんと建築は幕末の1856年。

現建築基準法には適合しない建築だけれど

なんと魅力的な店だろうか。

説明してくれたボランティアの人の話だと

鶯谷駅近くで2代目「鍵屋」が営業中とのことです。



# by u-och | 2018-08-23 12:11 | Architecture | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 06日

幽玄

c0016913_16275256.jpg

大学生の頃、旧ソ連を亡命した

映画監督S.タルコフスキーの映画が評判をよんでいた。

「惑星ソラリス」「鏡」「ストーカー」等々

ぼくも神保町の岩波ホールに観にでかけた。

美しく幻想的で静謐な映像、

セリフの少ない長回しの1シーンが有名な監督だった。


映画はとても興味深いものなのだが、

しばらくするとついウトウトとしてしまう。

はっと気がついて周りを見渡すと、

うつらうつらしている人が大半で

まるで集団催眠にかかって映画を観ているようだった。


とても不思議な体験だった。

映画のシーンが本当に観たものだったのか

夢の中のシーンなのかその境が曖昧になり、

より映画の幻想性が増すといった感じなのだった。

ある評論家は

「タルコフスキーの映画は緊張感がとても高いものなので、

観客はその緊張感に耐えられずその緊張の糸が切れた結果、

ついウトウトとしてしまうのだ」

と判ったようなことを新聞に書いていた。

c0016913_16271381.jpg

そんな体験を最近また味わった。

千駄ヶ谷の国立能楽堂に「能」を観に出かけたのです。

題目は僕のような初心者でもわかるという「船弁慶」


壇ノ浦の戦いの後、頼朝に虐げられ都を追われる身となった義経。

西国を目指し、弁慶を伴って海へ船出すると、

平知盛の怨霊が襲いかかり・・という物語。


静御前との別れの前段

弁慶と怨霊との戦いの後段といった

静と動が対照的な舞台なのです。


静御前が義経との別れを悲しみ舞う前段は

動きも少なく謡と鼓の音が実に心地よく

テンションが強すぎて緊張の糸が切れてしまったように

ウトウトと半ば夢見心地で舞台を観ることになったのでした。

はっと気がついて廻りを見渡すと

同じような人がたくさん見受けられます。

懐かしい光景!


うつらうつらしながら、夢見心地で観る舞台。

いにしえ人はそれを「幽玄」と言ったのかしらん。


またこの不思議な体験をしに、能を見に行こうかな~



# by u-och | 2018-08-06 16:29 | TV・cinema | Trackback | Comments(0)